Facebook Twitter Google Maps RSS
Home Androidアプリ iOSアプリのリジェクト理由トップ10
formats

iOSアプリのリジェクト理由トップ10

 

こんにちは。
今日は台風で交通機関が乱れ、通勤が大変でした。。。
小さい頃は台風が楽しみでしたが、今は台風がそれることを毎回願っています(^_^;)

では本題です。

今回はAppleから公式発表されているアプリのリジェクト(リリース却下)理由のベスト10を記載いたします。
アプリリリース前に要チェックです!
※2014/9/26~2014/10/2のデータ
※情報元:https://developer.apple.com/app-store/review/rejections/

 

第1位(24%)
Guideline 17.5: Apps that include account registration or access a user’s existing account must include a privacy policy or they will be rejected.
⇒(意訳)アカウントを登録させたり、アカウント情報にアクセするアプリはプライバシーポリシーをアプリ内に表示させなければリジェクト

第2位(10%)
More information needed.
⇒(意訳)追加で詳細な資料や情報が必要 ※細かい内容(不足している情報)は、記載してくれるみたいです。

第3位(8%)
Guideline 2.2: Apps that exhibit bugs will be rejected.
⇒(意訳)アプリにバグがある。こちらで気付かなかったバグを見つけてくれることもあります。

第4位(4%)
Did not comply with terms in the Developer Program License Agreement.
⇒(意訳)デベロッパプログラムの使用許諾契約書に準拠していないためリジェクト ※細かい内容(何が準拠していないか)は、記載してくれるみたいです。

第4位(4%)
Guideline 10.6: Apple and our customers place a high value on simple, refined, creative, well thought through interfaces.
They take more work but are worth it. Apple sets a high bar. If your user interface is complex or less than very good, it may be rejected.
⇒(意訳)アプリのクオリティ(UI、機能)が低いためリジェクト。 ⇒ 機能が少なかったり、対象となる人数が限られている場合も該当するようです。

第6位(3%)
Guideline 2.1: Apps that crash will be rejected.
⇒(意訳)アプリがクラッシュする(落ちる)ためリジェクト

第6位(3%)
Guideline 22.2: Apps that contain false, fraudulent or misleading representations or use names or icons similar to other Apps will be rejected.
⇒(意訳)詐欺的な虚偽または誤解を招くような表現が含まれているアプリであるためリジェクト

第6位(3%)
Guideline 3.4: App names in iTunes Connect and as displayed on a device should be similar, so as not to cause confusion.
⇒(意訳)iTunes Connectとデバイス上で表示されるアプリ名が異なるためリジェクト

第6位(3%)
Guideline 3.3: Apps with names, descriptions, screenshots, or previews not relevant to the content and functionality of the App will be rejected.
⇒(意訳)アプリの内容や機能に関係ない説明が含まれているためリジェクト

第10位(2%)
Guideline 2.23: Apps must follow the iOS Data Storage Guidelines or they will be rejected.
⇒(意訳)アプリで使用するデータの取扱方法が規約違反のためリジェクト。

1.ユーザが生成した情報、またはアプリだけでは生成できない情報のみ /Documents ディレクトリ以下に保存し、自動的に iCloud にバックアップされる
2.再ダウンロード、あるいは再生可能なデータは /Library/Caches ディレクトリ以下に保管する
3.一時的な利用のためのデータは /tmp ディレクトリ以下に保存する。これらのファイルは iCloud にはバックアップされないが、余分な記憶領域を使用しないよう、不要になったら削除する

アプリの規約は定期的に更新されていて、以前はOKだったものがNGになることも多々あります。
iOSアプリについては、試しにリリースしてみるのも一つの手ですが、審査期間短縮のためにも一発OKでリリースできるよう規約のチェックは必要ですね。
最後の最後で仕様の見直しなんかになると、青ざめてしまいますので。
Androidアプリは、審査がないものの、規約違反のアプリはいつの間にかマーケット上から消えているということもあります。こちらはこちらで恐いので要チェックです。

アプリ申請で困ったらこちらまで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code lang=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre lang="" extra="">