Facebook Twitter Google Maps RSS
Home Androidアプリ ARを利用した障害者支援スマホアプリ
formats

ARを利用した障害者支援スマホアプリ

こんにちわ。
本日は気になる記事をみつけたので紹介します。

 

 

こちらの記事では、身体障害者で車いすに乗る方々が、
大学構内を迷わず動き回れる様な案内を、AR技術を利用し実現しています。

トイレや教室までの道のりを、
現実の風景にルート表示する事で、スムーズに目的地までたどりつく事が出来るそうです。
ARの技術を利用したスマホアプリはめずらしくはありませんが、
障害者の方向けのアプリという視点が良いと思いました。

 

弊社は社員を10グループに分け、各チーム一年に一回は社会貢献活動を行っています。
児童施設に行き、児童を引率し遊び相手になる活動や、老人ホームで演劇を行って楽しんで頂いたり、
アイエンターの理念である「楽しむ」という所を様々な場所で啓蒙しています。

 

今回の記事の様に、スマホならではのARの技術を利用し、
障害者の方の暮らしを便利にする事は、アイエンターがもっとしていかなければいけない事だと感じました。
楽しむという理念も元、いかに人々の生活を楽しく便利にするか、
そこをITの力で実現していきたいとおもいます。

 

弊社は300を超えるスマホアプリの開発実績がございます。
普段の業務や生活でお悩みがある方、もしくはこんなアプリあったらいいなと思っている方、
一度お話を聞かせてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code lang=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre lang="" extra="">