こんにちは。

先日頂いたwebサイト制作案件のお問い合わせのご紹介です。
下町でお菓子づくりを営んでいるお菓子メーカー様からのお問い合わせです。

 

■作りたいもの

作っているお菓子の紹介サイト

 
■ご要望

日本では珍しい種類のお菓子を作っている会社様ですが、
まだまだ認知度が低いため、webを使って認知度向上を行いたい。
また、webサイト上で販売促進ができるようにしたい。

といった内容でした。
非常においしいお菓子を作っている会社様ですが、
日本国内ではまだまだ認知度が高くないお菓子を作っているため、
まずは商品を知ってもらうことが先決です。

そこで、アイエンターからは、商品購入に至るプロセスを
AIDMAの法則に合わせてご提案いたしました。

AIDMAの法則についてはこちら(wikipedia)

 

webサイトでも閲覧するユーザーがちゃんとステップを踏み
購買への動機形成をはかれるような仕組みを強く意識しています。

 

—————————————————————————–

  • Attention(注意)

まずは発見して、注目してもらえるように促す
⇒集客、公告、リスティングなど

  • Interest(興味、関心)

サイト上で興味が湧くような見せ方をする
⇒デザインの工夫、キャッチ、レイアウトなど

  • Desire(欲求)

直接購買につながるように欲求を刺激する
⇒具体的なコンテンツの提示
今回の場合、そのお菓子の食べ方やシーンなど

  • Motive(動機)

買うための動機形成
⇒お客様の声(レビュー)やメディア掲載情報など

  • Action(行動)

実際に購買に至るように背中を押す仕組み
⇒お問い合わせ、店舗情報、web上での購入機能

 

—————————————————————————–

 ただ単に見栄えの良いサイトを作るだけではなく、

サイト自体が営業マンの代わりになって、物を売るための
情報が完結していることが重要だと考えます。

そのために、様々なアプローチ方法をアイエンターではご提案いたしております。
是非ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

アイエンターの
webサイト、ホームページ制作の実績はこちら
webサイト、ホームページ制作のお問い合わせはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code lang=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <pre lang="" extra="">