Facebook Twitter Google Maps RSS
Home 開発全般 Hyper-V3.0のLive Storage Migration
formats

Hyper-V3.0のLive Storage Migration

Published on 2012年7月24日, by in 開発全般.

こんにちは、火曜日担当の倉垣です。
先日、自宅のドアの鍵が閉まらなくなりました。
理由はよくわかりませんが、ドアの立てつけが悪いのだと思います。
仕方ないので、部品を一部外して対応しています。
 
Live Storage Migration
 
さて、今回はHyper-V3.0の新しいマイグレーション機能についてお話します。
 
Hyper-V2.0のマイグレーション機能といえば、物理サーバー間でOSを移動させることを指していました。
OS本体は共有ストレージ上に配置し、OSの実行はクラスタ構成の仮想サーバー上で行うことで実現しています。
これは運用上かなり便利な機能です。物理サーバーをメンテナンスしたい場合でも、動作中の仮想マシンを別の物理サーバーに簡単に移動できるわけですから、時間を問わずメンテナンス業務が行えます。
ただし、共有ストレージはHyper-Vクラスタ構築時の問題点ともなっていました。
共有ストレージを構築する際に、専用ハードウェアを用いたSANやRAID等を利用することによって、ストレージが使用不能となることを防いでいます。しかし、現在のストレージの調子がおかしいからといって、気軽に新しいストレージに移動させることができません。
 
一方、Hyper-V3.0で実装されたLive Storage Migrationでは、OSをインストールするストレージを移動させることができます。
しかもこの機能はOSが動いたままの状態で実行可能です。
ストレージ間のライブマイグレーションを可能とするLive Storage Migrationを利用することで、OSを稼働させたままストレージ間を移動させることが可能となり、メンテナンサビリティが飛躍的に向上します。
場合によってはシステム利用部署の業務時間中にハードウェアの移行作業を実施することさえ可能となるのです。
 
Hyper-V3.0を活用したサーバーの仮想化は、構築及び運用時の直接的なコスト削減だけではなく、システム運用の自由度を大きく向上させることができるわけです。
 
 
i.e.seaではITインフラ構築に関するご相談を承っております。
ITインフラのコスト削減、仮想化及びクラウドへの移行等に興味はありませんか?
お見積りは無料ですので、お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*