Facebook Twitter Google Maps RSS
Home マーケティング ゲーミフィケーションのテクニック【その④ フィードバックのスピード】
formats

ゲーミフィケーションのテクニック【その④ フィードバックのスピード】

こんにちは。金曜担当のまるじです。

ゲーミフィケーションを導入するにあたってのテクニック・・・
第4回の今回は「フィードバックのスピード」です。

いまやスマホユーザーの間で定番となっている無料通話・メールアプリ「LINE」を例に考えてみましょう。
公開して6カ月で1000万ダウンロードを記録したという驚異的なアプリです。
今や友達や家族と連絡を取るときにメールではなくLINEを使うという方も多いのではないでしょうか。

LINEがここまで浸透した理由の一つが、
「レスポンスの速さ」・・・言い換えるとフィードバックのスピードです。

このアプリの大きな特徴が“スタンプ”という機能です。
このスタンプ機能の何がすごいかというと、
それを1つ送るだけで用が足りてしまうという点です。
絵文字に似ているのですが、絵文字ではなく、
本文とは独立して相手に送信されます。
つまり、スタンプを1つ押せば、相手にはそのスタンプだけで送信されるのです。

相手もスタンプで返信してくることも多く、
メールと比べてコミュニケーションのスピードが
圧倒的に早くなりました。
メールの時のように「どんな言葉を使おうか・・・」などと悩む時間を必要としないのです。

facebookの“いいね!“機能についても同じことが言えます。

「いいね!」のスピードや数は多ければ多いほどうれしいものですよね!

「いいね!」は相手の投稿を「読みましたよ」という意味合いで押されることも多く、
わざわざコメントを返すほどではない時はとても便利です。
フィードバックを送る敷居を下げているという意味で
うまくゲーミフィケーションを取り入れている例といえるでしょう。

なんらかのフィードバックがすぐに返ってくることが重要です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*