Facebook Twitter Google Maps RSS
Home Androidアプリ RubyでiPhoneアプリ開発
formats

RubyでiPhoneアプリ開発

こんにちは。
月曜日担当の青木です。

今回気になったニュースはこちら。

「iPhoneアプリをRubyで開発できる、「MobiRuby」のソースコードが公開」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120914/423022/

これまではObjective-Cというプログラミング言語を用いてiOS向けのアプリ
を開発していましたが、今後はRubyでも開発できるようになる見込みです。

HARLEY-DAVIDSON-JAPAN

現状はまだアルファ版で、MobiRubyを使って開発するにはRubyはもちろん、
iOSとObjective-Cの知識が必要だそうです。
本来は「Objective-Cを知らないRubyプログラマ」でも開発できるようにするのが
目的だと思うので、まだまだこれからですよね(;^ω^)

んで、Android版も考えている模様です。

今回のニュースではRubyですが、今後はRuby以外でもiOS、Androidアプリの開発
をできる流れになっていくと面白いかもしれません。

個人的に思っていたのが、iOSならObjective-C、AndroidならJavaと、特定の言語
でしか開発できないので、これらの言語を知らない人達にとってはとっつき難い、
学習コストが掛かってしまうという難点があるのではないか、という事なんですね。
(Javaはメジャーなので習熟している人が多いと思いますが・・・でもAndroid開発
は何か独特な感じがしますよね。そう思っているのは私だけ?w)

また、Objecttive-CはXcodeというMacOS上で動く環境で開発するのが一般的なので、
それがまた敷居を高くしている一因かも知れません。
「Windows搭載のPCしか持ってないよ!!」という方が多いと思うので。

ネットで調べると、Windows7やUbuntu(←!?)で環境を作った人がいるっぽいですが・・・。
私は試していないので、本当かどうかは分かりません(;^ω^)

機会があったらやってみようかなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*