Facebook Twitter Google Maps RSS
Home 未分類 SharePoint概要
formats

SharePoint概要

Published on 2012年12月8日, by in 未分類.

こんにちは。
金曜担当サカタニです。

最近新しいPCを購入しました。
CPUがPentium 4 → Core i7に変わって、
処理速度に驚く毎日です。

さて、本題です。
前回Dynamics CRMと連携する製品として、
SharePointを紹介させていただきました。
SharePointは紹介した機能以外にも便利な機能があるので、、
今回改めてお話させていただこうと思います。

まずSharePointの機能として、
特徴的なものは以下の3つです。
1.ポータル
2.コンテンツ管理
3.ワークフロー

最初に1.のポータルですが、
そもそもポータルの要件は
一定のグループに属するメンバーに対して、
必要な情報をいち早くアクセスできることです。

グループウェアを使用している方は、
トップページに直近のスケジュールや新着メール、
タスクやノルマの進捗状況が表示されるのを見たことがあると思います。

SharePointはポータルを構築するにあたって、
便利なWebパーツがそろっています。

次に2.のコンテンツ管理ですが、
コンテンツといってもさらに「リスト」と「ライブラリ」に分かれます。

「リスト」はExcelのようにデータを一覧で管理しする機能で、
「コンテンツ」は前回お話した「文書ファイルを共同で編集・管理できる機能」です。
「リスト」は一覧で管理したデータを必要によって表示形式を変えることができます。
「コンテンツ」はただファイルを管理できるだけなく、アクセス制限機能や履歴機能、
通知機能が利用できます。

最後に3.の「ワークフロー」ですが、
「ワークフロー」と聞くと「稟議」というイメージを持つ方が多くいます。
SharePointのワークフローではその流れを構築することもできますが、
それだけではなく、システム連携も制御できます。
簡単な例としては
「30日経ったら、指定したフォルダに入っているファイルを削除する」といったワーク
フローです。

メインと考えられる機能を3つ挙げさせていただきました。
その他にも相互やりとりを可能にする「会議サイト」といった機能もありますが、
それはまた別の機会で紹介させていただきます。

以上、今週はこの辺で失礼します。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*