Facebook Twitter Google Maps RSS
Home Androidアプリ 気まぐれアプリレビューvol.1名刺管理アプリ「CamCard」
formats

気まぐれアプリレビューvol.1名刺管理アプリ「CamCard」

 

こんちわっ!今週もやってきました火曜日だぜ!

休日をいかにして過ごすか真剣に考えていたら休日が終了してしまった火曜日担当の田村です。

なんかやたらとアクティブな人っていますよね。こんな人↓

「休日に予定が入っていないと落ち着かないんだよね~」

なんだそれは。休む日と書いて休日だ。まったり過ごすのが筆者のジャスティス!

 

さてはて、ジャスティスは置いといて前回でパスワード管理アプリのシリーズは終了です。

今週からは何のシリーズにしようかと考えていたのですが

今回から数回分ジャンル不定でお送りしたいと考えています。

このジャンルだったらこのアプリ一択だろ!ってのをご紹介したいと思います。

ですが、王道なアプリのジャンルは取り上げないと思います。需要不明なのが火曜日ブログ!

というわけで今回は名刺管理アプリ「CamCard」をご紹介します。

 

 概要                                       

アプリ名 CamCard
公式HP http://www.intsig.com
対応OS Windows,Android,iOS
言語 日本語対応
価格 ¥1500(無料版あり)
管理用サイト http://www.camcard.com

 

         

CamCardは名刺を管理するアプリです。基本的にはスマートフォンのカメラを使って

名刺を画像で一覧保存しておくというのがメインの使い方ではあり、類似のアプリもいくつか

ありますが、CamCardには他にはない機能が多数存在します。

詳しくは後述しますが特筆すべきは日本語対応のOCR(画像読み取り機能)が搭載されている点です。

つまり名刺の写真を撮影するだけで、名前や住所、電話番号などを自動で識別し項目を埋めてくれます。

また、クラウドにも対応しており一覧を腰を据えて見直したい場合や

アドレスの変更を行いたい場合などはPCのWebブラウザから行うことができます。

アカウントが必要ですが、データの移行なども簡単に行うことが可能となっています。

          

 

 機能                                       

名刺一件に対して入力できる項目としては普通のアドレス帳にあるような

名前や住所、電話番号、メールアドレス等の項目のほか、名刺管理用として

会社名や役職名そして名刺画像を保存しておくことができます。

名刺画像に関してはオプションで名刺の裏側の写真も追加することができます。

各項目に関しては写真を撮影すればOCRで自動で読み取ってくれるので

誤検知したものや名刺に書かれていない情報以外は手動で入力する必要はありません。

 

また、アカウントを作成し同期を行うとCamCard側のサーバーへ情報がアップロードされ

Webブラウザや同期した他の端末から閲覧が可能です。

←PC版はこんな感じ。

また自分の名刺情報も保存する領域もあり、他の人へ共有ができるので

「ちょww今名刺切らしてるんでwwwwメールでいいっすかwwwwサーセンwww」

みたいなことも一応可能です。最悪ですがw

 

 使った感想                                    

もともとこのアプリは有料で通常価格だと¥1500します。

スマートフォンアプリとしてはかなり高めの値段設定ですが幸いなことに無料版も存在します。

無料版の制限としては

  • 広告付き
  • 登録できる名刺の枚数がアプリ使用開始時に20枚、以降週2枚まで

という謎仕様となっています。かゆいところに制限を持ってきましたね。

営業さんであればさすがに有料版を購入する必要がありますが、そこまで新しい人と会わない

エンジニアや事務、管理専門の方であれば無料版で十分ということもあるでしょう。

←無料版でも、色々と登録できる枚数を増やす方法はあるみたい。

肝心のOCRの読み取り感度ですが正直驚きました。

名刺にもよりますが、シンプルなものであればどの文字が名前でどの項目が会社名なのか

ほぼ完ぺきに識別し適切な項目へ自動入力されました。

特に日本語だと精度の高いOCRはなかなか存在しないのでこの精度を制限付きとはいえ

無料で利用できるのはすごい世の中になったと感じます。

 

たまに、

「いや…そんなあやしい名前の部署は存在しないよ…CamCardさん…」

とか

「ごめん…それ文字じゃなくて企業ロゴなんだ…CamCardさん…」

という読み取りもされますけど寛大な気持ちで修正してください。

 

 まとめ                                      

筆者はエンジニアなので日々そこまで名刺が増えることはなく無料版で十分な使い方をしています。

営業の方であれば、もうすでに自分流にがっつり名刺管理をしていると思うのですが

時々名刺をもらう立場だと微妙に管理方法に悩むこともあるかもしれません。

CamCardは非常に使いやすいのでこのようなサービスを使ったことがないという方は

無料版を試しに使ってみてはいかがでしょうか。

 

以上で名刺管理アプリ「CamCard」のご紹介を終わります。

次回もお楽しみに!

iPhoneアプリ開発はこちら

Androidアプリ開発はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*