Facebook Twitter Google Maps RSS
Home 未分類 気まぐれアプリレビューvol.3蔵書管理アプリ「ブクログ」
formats

気まぐれアプリレビューvol.3蔵書管理アプリ「ブクログ」

Published on 2013年2月12日, by in 未分類.

 

こんにちわっ!今日コーヒーゼリーを購入したらスプーンが入っていなくて(´・ω・`)な気分の火曜日担当の田村です。

昨日ふと思ったのですが「一富士二鷹三茄子」ということわざがありますよね。

縁起が良いとは言いますが、1月1日に茄子の夢なんか見たらどう考えても茄子の呪いにかかったとしか思えません。

 

そんなどうでもいいことは置いておいて、アプリレビューです。

の前に、読者の皆様、本は読んでいますか?

普通の小説に限らずともライトノベルやマンガ、参考書まで広げれば

全く所有していないという人はそうそういないでしょう。

そんな身近な本ですが、本屋さんで「あれ、この本持ってたっけ…?」という経験、あるあるだと思います。

そんなときに役立つのが今回ご紹介するWebサービスです。

 

 概要                                       

アプリ名 ブクログ
公式HP booklog.jp
対応OS Android,iOS,Web
言語 日本語
価格 無料

 

         

「ブクログ」はその名の示す通り、本を管理することに特化したWebサービスです。

自分の所有している本を登録していくことにより、Web上に仮想のマイ本棚を作成することができます。

以前は本のみでしたが、現在ではCDやDVD、ゲームソフト等々も登録することができるようになっています。

もともとはWebサービスから始まったものなのでスマートフォンアプリからは利用できない機能もいくつかありますが

所有本の閲覧と登録などの基本的な機能は実装されています。

          

 

 機能                                       

Webサイト上では登録に本に記載されているISBNコードから登録するほか

キーワード検索から手動で登録する方法もあります。

またスマートフォンからはバーコードを読み取って登録するのが簡単な方法です。

登録内容にはAmazon.co.jpや楽天ブックスの情報が引用されているようです。

どんどん登録していくとこんな感じ↓になります。

←じつは結構本持ってます。

そのほかの面白い機能としては、

キーワードを登録しておくと、該当するキーワードにひっかかった商品の発売日に

メールで通知する機能があります。

「このシリーズ全巻そろえたいけど、別に発売日をいちいちチェックするほどじゃあないなあ」

てな時に重宝するかとおもいます。

 

 使った感想                                    

今回はスマートフォンからの利用に焦点を当てて使用してみます。

ちょうどいいのでこれ↓を登録してみましょう。

←おっとこんなところにちょうどいい本が

事前に作成しておいたアカウントでブクログアプリにログインをします。

そしてバーコード登録からカメラを起動してバーコードを読み取ります。

ちなみにAndroid版ではQRバーコードスキャナーというアプリが必要です。

←くっ、バーコードが2つあるだと…これがDead or Aliveってやつか…

←くそ!しくじった!下は罠だ。来るんじゃない!!!

←そこだ!もらったあああ!!!

というわけで一文字も打ち込むことなく簡単に登録できました。

アプリに関して言えばWebサイトよりできることは少なく、少々不便さも感じました。

基本的にはPCからWebサイト上で編集、スマートフォンで出先から閲覧、

という形が理想化と思います。

 

 まとめ                                      

Webサービスということでどうしてもアカウントを作成しなければならない分

若干敷居は上がるとは思いますが管理のしやすさやデータの移行、PCとスマートフォンとの

同期を考えたときはアプリ内で完結するよりクラウド対応のほうが使い勝手はよいと思います。

本をたくさん持っていて、自分でも把握しきれていない人にはぜひとも使ってほしいサービスだと感じます。

 

以上でブクログのご紹介を終わります。

次回もお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*