Facebook Twitter Google Maps RSS
Home Webアプリ RSS戦国時代到来!?次世代のRSSリーダーを探せ!!
formats

RSS戦国時代到来!?次世代のRSSリーダーを探せ!!

 

こんにちわッ。今回の話題は筆者的にこれを差し置いて他はない!と声高らかに宣言する火曜日担当の田村です。

先週Googleによって発表された2013年7月1日をもってのGoogle Readerサービス終了宣告!!

ユーザーが減ったからサービス停止させるなんてウソだろGoogle先生…

Google Readerの超ヘビーユーザーである筆者にとってはこれはある意味死亡宣告のようなものです。

インターネットからニュース系の情報を取得する際にはほぼ100%Google Readerを入り口にしていたため、

筆者もRSS難民の一人となってしまいました。。。

 

 RSS戦国時代!                                      

しかしながら、RSSは本来オープンな技術です。

決してGoogleの専売特許ではないのでRSS自体が死ぬことはありません。

クラウド型RSSの圧倒的な最大勢力であるGoogleが撤退したことで

他のサービスがポストGoogle Readerを狙ってしのぎを削っています。

そこで今回からは7/1に控えたGoogle Reader亡き後、

どのサービスに乗り換えるべきか現時点での使い勝手をいくつかサービスを筆者が試用してご紹介いたします。

筆者的にはWebサービスのアカウントはあまり増やしたくないのですが今回ばかりは背に腹は代えられません。

 

つまるところ、「人柱になって使い勝手を確かめてくるぜ!」ということです。お試しなら基本的にタダですしね。

 

 RSSに求めるもの                                       

取り上げるRSSサービスのポイントとしては

  • スマートフォンに対応していること。
  • 同期が可能なクラウドサービスであること。
  • Google Readerと似た使い勝手であること。
  • 基本的に無料サービスであること。
  • スマートフォンに対応していること!
  • そこそこ有名であること。
  • スマートフォンに対応していること!!

と、この辺を気にしながらサービスをご紹介していきます。

 

 今回ご紹介するのは…                                       

個別のサービスに絞ってご紹介するのは来週以降とする予定です。

じゃあ今回は何をご紹介するのかというと「RSSサービスを探すサービス」です。

 

ReplaceReader

http://www.replacereader.com/

ReplaceReaderと呼ばれるこのサイトは

Google Reader亡き後、みんながどのサービスに乗り換えるのかを集計したサービスです。

Twitter上でハッシュタグを使って投票するサイトで現在も投票受付中です。

「#サイト名」と書いてから「#replacereader」とTwitterにつぶやくことで投票を行うことができるようです。

もちろんみんなが使っているからという理由だけで乗り換えるのは安易すぎるかもしれませんが

発展したサービスはユーザーが多くつき、ユーザーが多く集まることでさらにサービスが発展するのも確かな話です。

 

 次回は「Feedly」!                                       

来週からはこのサイトの上位陣にフォーカスを当てつつ、各種RSSサービスをご紹介していく予定です。

次回は皆の期待が最も高いであろう「Feedly」を実際に使ってみてご紹介します。

7/1まではGoogle Readerも使えることですし、それまでじっくり探そうではありませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*