Facebook Twitter Google Maps RSS
Home Webアプリ 端末検証をしよう ~時代のニーズに応えて~
formats

端末検証をしよう ~時代のニーズに応えて~

こんにちは、ほんだです。

先日大好きなゲームがアプリになって登場!という噂を聞いて早速やってみたところ、

原作とのかけ離れ具合が金メダル級で、…何も言えねぇ状態でした。

思い出補正がかかりすぎていたのでしょうか…?

 

さて、本日はウェブ開発での「検証あるある」・端末確認編です。

ブラウザのバージョン違いで表示が違うという話は以前もしましたが、

このご時勢見過ごせないのが、スマホをはじめとした携帯端末での表示確認です。

画面が小さいのだから崩れて当然!文字も拡大して見て!と心の中で思っていても、

外出先でホームページを見ることも多くなりましたので、時代のニーズには逆らえません。

 

Firefoxの場合、Ctrl+Shift+Mキーでレスポンシブデザインビューモードに切り替えることができます。

システムブログもこの通り。

(ワードプレスなのでレスポンシブwebデザインにデフォルトで対応しているんですね、さすが!)

でも、たまにこんなことも…

あれれー?おかしいなぁ?

天下のグー○ルさんのページなのにレスポンシブではないじゃないですか!やだー!

おそらく、このページはユーザーエージェント(User Agent)を見て判断をしているのでしょう。

レスポンシブデザインビューとはいえ、PCからFirefoxで見ていることに変わりはありません。

こんなときは、「私はスマホだ!」と堂々と偽装宣言してくれるツールを使うに限ります。

(スマホで見るのが一番早いんですけどね…!ローカル環境だと無理ですからね)

 

今回はFireMobileSimulatorを使って説明していきます。

ツールの使い方などは、次回にご説明することにしましょう!それでは!

Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*