Facebook Twitter Google Maps RSS
Home 未分類 PHPの用意されている関数をうまく使う
formats

PHPの用意されている関数をうまく使う

大学時代から9年以上使用していたノートPCと先週ようやくおさらばした、

陽気なシステム屋のひとりです☆

最近、業後に先輩と喫茶店で話をしていた際に、

出題された問題があります。

問)

<?php
class SampleClass
{

function smplA()
{
// 引数取得
$args = func_get_args();
var_dump($args);
}

function smplB()
{
// smplAに取得した引数を渡す
//@todo
}

function main()
{
$this->smplB(‘a’, ‘b’, ‘c’);
$this->smplB(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10);
}
}

$smpl = new SampleClass();
$smpl->main();

?>

上記のようにmainメソッドからsmplBメソッドの引数として3個渡す時もあれば10個渡す時もある場合で

なおかつsmplBでは受け取った引数すべてをsmplAに渡したい場合

smplBメソッドの@todoにはどのような処理を記載しますか?

解)
call_user_func_array(array($this,’smplA’), func_get_args())

ちなみに私は全くわかりませんでした・・・。

これで何を言いたかったかというと

今回のは関数に渡すパラメータを配列で渡すことができるphpの関数でしたが、

他にも配列関数など便利な関数がたくさんあります。

こんなことができる関数があったなとさえ覚えておけばあとは検索すれば

使い方などはわかります。

引き出しを増やすためにも勉強は必要なんですね・・・・

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*