Facebook Twitter Google Maps RSS
Home 開発言語 JavaScriptをはじめから丁寧に。
formats

JavaScriptをはじめから丁寧に。

Published on 2013年9月17日, by in 開発言語.

 

こんにちは。
陽気なシステム屋とは相反する私が今日は書かせていただきますがご了承ください。

最近サーバーサイドの言語を使わずにJavaScript(以下JS)でWeb画面を作成する機会が多くあり、
その時に私がお世話になったWebサイトなどなどを共有したいと思います。(やっと自分のPocketの整理ができるぜ~)

ではさっそくスタート!

■JSで最初に躓くのは”this”の扱いかなって思うのでこれとかが参考になりそうです。
https://dev.mozilla.jp/2010/05/js-blockscope-and-namespace/
“this”の扱いだけでなくスコープの説明なんかも様々な書き方を用いてわかりやすく解説されています。

■更にJSで躓きやすいのは関数の書き方がたくさんあるってことかなと思います。
そういう場合はコレとかがよさそうです。
http://d.hatena.ne.jp/dhrname/20121208/p1
http://d.hatena.ne.jp/kayai/20110131
「即時関数」と「通常の関数」2種類の方法でモジュール化する書き方を紹介していたり、
クロージャやprototypeについてもコードと共に丁寧な説明が添えられていているので理解しやすいです。

■もう少し慣れてくるとココらへんが良いかもしれません。
http://nmi.jp/archives/488
JSではパターン化されている文字列を数値化する書き方や論理演算の書き方など、多くのイディオムが並べられています。

■更にレベルアップしたものとしてはコレでしょうか。
http://mitsuruog.github.io/javacript-style-guide/
先ほどのサイトより多くのイディオムやJSのスタイルガイドがデザインパターンとアンチパターンを比較して記述されています。
記事自体もJSのオブジェクトとして書かれているところがいいですね。

■もっと言語仕様から知りたいって人にはこの書籍が一番なんじゃないかと思います。
http://www.oreilly.co.jp/books/9784873115733/
オライリーから発売されているJavaScript 第6版(通称:サイ本)です。コレまでに書いてきた内容はもちろん、EcmaScript3と5の仕様変更についても詳しく書かれていたりと800P超のボリュームですが電子書籍でも販売されているので時間のあるときにパラパラ見るのもいいんじゃないかと思います。

■実際にJSを書くにあたって利用したツールはこれです。
http://www.jslint.com/
JSLintはJSの構文が正しくかけているかっていうのをチェックしてくれます。
Webサービスだけでなく、私の場合はSublime Text 2のプラグインを使用しています。(Node.jsのインストールが必要)
間違った書き方や理想的でない書き方をするとわかりやすいようにマークを出してくれます。しつこいぐらいにです。
これで一目で間違いに気づけますね。

もっと便利なツールはたくさんあると思いますが
今回はこれだけで十分でした。
これいいよってツールが有りましたら紹介してください。

ざっと並べてみましたが如何だったでしょうか。
いやぁー、JSって本当に良いもんですね。

システム開発実績はこちら

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*