Facebook Twitter Google Maps RSS
Home 未分類 PHPのフレームワークを検討してみた
formats

PHPのフレームワークを検討してみた

Published on 2013年10月2日, by in 未分類.

こんにちは。

今日はPHPのフレームワークについてのお話です。
※ただし、私個人の主観が入りまくりですのでご了承ください。

 

さて、PHPのフレームワークといえば

・Zend Framework
・Symfony
・CakePHP

あたりが有名ですが、最近は

・CodeIgniter
・FuelPHP
・Yii
なんかもよく耳にします。

 

どれも「今最も勢いがある!」とか「今熱い!」とか色々言われていますが、
結局、どれが使いやすいの?ってところで検討してみました。

 

まず大前提ですが、フレームワークというものは初期導入に大きなコストがかかります。

 

考えてみれば当たり前ですよね。
フレームワークのルール(枠)に合わせてコードを書けば、楽に開発できます!!
ってものなので、つまり「ルールを理解する必要がある」ということです。
ルールを理解するメンバのレベルも考慮した上でフレームワークを選ぶ必要があります。

 

この話を踏まえた上で、4つのフレームワークの特徴を見てみます。

・Zend Framework
Zendはとてもシンプルな機能が提供されており、
拡張性も高く、それぞれのプロジェクトにあった基盤も作ることが出来ます。
しかし裏を返せば、その分プログラマがコーディングする量も多くなります。
設計の感覚がしっかりしている人をメインプログラマに据えないと、
保守性が悪いものになってしまう一面があります。

 

・Symfony
SymfonyはZendとは逆に多くの機能を提供しています。
こちらルールに沿った開発をすることによりコスト削減はもちろん、
保守性の高いシステムを作り上げることが可能です。
しかし、機能が多い=覚えることも多いため、初期導入のコストが高くなってしまいます。
また、新しい仕組みを採用していることが多いため、
個々のプログラマのレベルの高さを要求することになります。

 

・CakePHP
Cakeはそこそこの機能とそこそこの自由度があることが特徴です。
Zendほど作りこむ必要もなく、Symfonyほど初期導入コストが高くないので、
個人的には使いやすいフレームワークなのではないかと思います。

 

・CodeIgniter
CodeIgniterはものすごくシンプルなフレームワークです。
Zendよりもシンプル・軽量で、極小規模の開発にはかなり強いと思います。
ただし、大きなシステムを作る場合は、自由度が高すぎるため、
無理にこれを使うより、別のフレームワークを使ったほうがよいでしょう。

 

上記それぞれのフレームワークはver2系や派生のフレームワーク等ありますが、
大体の流れは変わっていないので、今後のフレームワーク選びのご参考までに。

 

ちなみに私はSymfony2が好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*