Facebook Twitter Google Maps RSS
Home ECサイト yahooショッピング無料化!出店すべき?しないべき?
formats

yahooショッピング無料化!出店すべき?しないべき?

こんにちは。
少し前ですがEC業界を激震させる衝撃的なニュースがありました。
そう、10/7に発表されたyahooショッピングの無料化です。

弊社でも「善左エ門」というスイーツのECサイトを運営しているため、
このニュースは当然注目しております。

仲の良い他店舗さんに話を聞いてみると・・・
早速出店の申込をした店舗、とりあえず様子見の店舗、出店しないという店舗・・・
と反応は様々です。

少し意外だったのが、「出店しない!」という声も結構多く聞かれることです。

「無料ならどんどん出店しちゃえ~♪」なんて個人的には思ってしまうのですが、

意外と 慎重派も多いみたいです。

・・・ということで、発表から少し時間が経ったところで、
慎重派の視点から簡単にまとめてみようと思います!

 

■”無料”、”自由”ってホント?

  • 月額出店料無料
  • 売上ロイヤルティ無料
  • 外部サイトへのリンク、メール送信自由
  • 個人ても出店可能

コレをみたら誰でもビックリして飛びつきたくなっちゃいますよね!

でも、実は全てが無料な訳ではないんです。

 

■完全無料ではない

  • アフィリエイトパートナー報酬原資 1%~71%
  • アフィリエイト手数料 アフィリエイトパートナー報酬原資の30%
  • T-ポイント原資負担 1%~15%

「無料!無料!」といっても完全無料ではなく、上述のコストを店舗側は負担しなけれなりません。
きっとyahooはこのアフィリエイトで儲けるつもりなんでしょうね。。。

詳しくは、Yahooの契約プランをご覧ください。
http://business.ec.yahoo.co.jp/shopping/archives/plan.html

 

■外部リンク自由って・・・

外部サイトへのリンクが自由だそうです。
個人的にこの発表には結構びっくりしました。
ECサイトを運営している人であればご存じかと思いますが、
なんだかんだでマージンを取られるモールよりも

独自ドメインで運営している自社サイトで売れる方が儲かるため、
サイト運営者は、できるだけ自社サイトで売り上げを上げたい!と考えるのが普通です。
一方、モール側としては、ユーザーが他サイトに流出してしまっては困るので、
外部リンクを禁止しているのが普通です。

今回の発表により、yahooショッピングから自社ドメインサイトへの集客が自由になる訳です。
確かに店舗側にとっては、自社サイトへの誘導を期待してしまいますが、
ユーザー側からすればわざわざ会員登録をしてまで外部リンク先の自社サイトで買う理由は
あまりないのかもしれません。
店舗側も自社サイトで買ってもらうような工夫をしなければいけないでしょう。

 

 

■yahooショッピングってどうなの?

日本国内では、楽天、アマゾンという2大巨塔の陰に完全に隠れてしまっている感があるyahooショッピングですが、

(まぁその状況を打破するための今回の”無料化”なのでしょうが)

実際のところどうなんでしょうか。

 

■楽天との比較

2012年度のEC業界全体の中での市場シェアは、
楽天市場の約28%に対して、yahooショッピングは約6%程。
店舗数は楽天の約半分、流通規模では約5分の1程度です。

しかし、1店舗あたりの月商で比較すると、
楽天市場の296万円に対して、yahooショッピングは151万円となかなか健闘しています。

しかし、今回の”無料化”により出店者が増えることで、
1店舗当たりの月商が減るのではないかという懸念があることも事実。

詳しくはコチラの記事が参考になります!
http://www.netshop-studio.com/category/nsnow/r-y-uriage.html

 

■yahooショッピングで買う理由って・・・

ユーザーの声を拾ってみると「yahooショッピングで買う理由がない」という声が結構聞かれます。
確かに、買い物をする側からすると楽天やアマゾンと比較して
わざわざyahooで買う理由は正直あまりないでしょう。
習慣の問題ですが、実際に、私自身も普段yahooでは買い物はしません。
無意識に楽天やアマゾンで商品を探してしまいます。
売り手側にとっては、”出店無料”でも買い手側にとってはyahooで買い物をする理由は今のところあまりないのかもしれません。

 

■客層が良い

“yahooショッピングは客層が良い”なんて言葉をたまに耳にします。
楽天市場は買い物慣れしたユーザーが多く、店舗側のサービスの質に対して厳しい目で見られていることは事実だと思います。
一方で、yahooショッピングはyahooの検索から流入してくるユーザーが多く、
ネットでの買い物にそこまで慣れていないユーザーが多いということが
「客層が良い」といわれている所以だと勝手に思っています。

 

以上、簡単ではありますがまとめてみました。
yahooショッピングへの出店を検討中の方、少しでも参考になれば幸いです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*