Facebook Twitter Google Maps RSS
Home 未分類 スマホ投入って、こんなに身近になっていたのね。。
formats

スマホ投入って、こんなに身近になっていたのね。。

Published on 2014年4月14日, by in 未分類.

こんにちは。
生まれて初めてのブログで、ちょっと緊張しています。。

先日テレビを見ていたら、昔勤めていた会社でスマホを販売するというニュースが。
私が在籍していた時にはIP電話の開発もしていたし、なるほどと納得。

ガラケー時代にケータイ電話を開発するのは、それはそれは大変なプロジェクトでしたが
オープンソースのAndroidだから、IT会社ならできるよね。

そうしたら今度は、大手スーパーのイオンからも発売されるというニュースが。

あれ?通信キャリアでもないのに、なんで通信サービスが提供できるの?
ってことに気づいたら、秘密はMVNOと呼ばれる通信形態なんですね。

docomoやau、softbankなどは、総務省から無線周波数を割り当てられ、
無線設備を全て自前で提供する事業者で、MNO(Mobile Network Operator)になります。

このMNOの通信設備を利用してサービスを提供するのが、MVNO(Mobile Virtual Network Operator)です。

大手キャリアの月額料金がおよそ6000円に対して
イオンは端末代と通信料金がセットで月額2980円という格安。

なんでMVNOの方が安いのかというと
MVNOは、MNOから無線周波数帯域を買い取って、ユーザーに安く小分けしているからなのです。

そうです!高速ではないのです。

確かに動画再生はかなりしんどいようですが、スマホにしてもメールしか使わない
というユーザには、魅力的な料金ですよね。

それから、イオンの料金プランはシンプルで
お客様からキャリアの料金プランは複雑でわからないという声を反映したそうです。

少し前、もうすぐ高速の4G時代が来る。家でパソコンを使うのと同じようにモバイルで使える。
みんながみんな楽しみにしていると思っていましたが、
改めて、必要なサービスを必要な人に必要な分だけ提供することが重要なんだと感じました。

マルチプラットフォームと幅広い領域のお客様と携わってきた

アイエンターから、魅力的なスマホが発売される、、かも?(願望)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*