Facebook Twitter Google Maps RSS
Home 開発全般 超高速Androidエミュレータ「Genymotion」
formats

超高速Androidエミュレータ「Genymotion」

こんにちわ。

どうしても最近咳が抜けない、たむらです。

 

今回はAndroidアプリ開発者向けのお話です。

最近はAndroid端末も世の中に出回り、手元に端末がないまま開発することは滅多になくなりましたが、

様々なレイアウトの端末に対応するためエミュレータを使用する機会は依然として多々あると思われます。

 

しかしながらAndroidのエミュレータ、使ったことがあるならご存知とは思いますがARMだと尋常じゃないくらい重い。。。

どんなにハイスペックなPCでもびっくりするくらい重いです。iPhoneアプリ開発から入った人がまず最初にイラつくのがここだと思われます(笑)

これにはもちろん理由があり、ARMアーキテクチャをx86上で再現しているためなのですが

そんな細かいことはよくわからない抜きに、もっと軽く高速なエミュレータを使用する方法をご紹介します。

 

・Genymotion

http://www.genymotion.com/

 

Genymobile社が提供しているGenymotionというサービスを利用します。

個人利用に限っては無償で利用することが可能です。

 

【使い方

Genymotionを利用するためにはアカウントを作成する必要があります。

サイトトップ上のSign upから登録を行います。

ログイン後、ダウンロードサイトよりお使いのPCに合わせてソフトウェアをダウンロードします。

基本的には一番上のinstallerをダウンロードすればよいはずです。

ダウンロード後はinstallerを起動してお使いのPCへインストールしてください。

起動すると以下のような画面が現れるはずです。

最初はデバイスが何も登録されていないはずなので、Addボタンをクリックするとワンクリックでエミュレータを追加できますが、

サインインしないと追加できないためサインインした後にお好きなエミュレータを選択してください。

基本的にはNexus端末を選んでおけば間違いないと思います。

選択するとダウンロードが始まるので少々お待ちください。

ダウンロードが完了するとデバイス一覧に追加されるので

Startボタンをクリックか対象端末をダブルクリックすればエミュレータが立ち上がります。

ここまでくれば完了です。超高速なエミュレータをお楽しみください!

そのままでadbにも接続できるのでEclipseやAndroid StudioからRunボタンを押せば開発したアプリをインストールできるはずです。

また、エミュレータの右側には便利なボタンが多数ついており、カメラや、バッテリー状況、位置情報を

疑似的に再現することもできます。

通常のエミュレータに比べ機能面でも格段に使いやすいので是非利用してみてください!

 

以上になります。でわでわっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*