Facebook Twitter Google Maps RSS
Home その他 電源って大事だね
formats

電源って大事だね

こんにちは。
陽気なシステム屋の一員の「ごめん寝、すまん寝の画像で癒されながらコードを書く者」です。

技術については、ググれば沢山出てくる昨今ですので、

HDDについての私の体験を少し話したいと思います。

うちには都合6台のPCが常時稼働しています。(mac book proを入れれば7台)

HDDについてはお気に入りのメーカーがあり、このメーカーのエンタープライズ向けのHDDをバルクでせっせと昔から買っていました。

HDDが怪しくなると、RMAがあるものは交換に出していました。(意外と送料が馬鹿にならない)

新品で戻ってきて、やれやれと思って、PCにつけると即日怪しくなります。

なんじゃこりゃ?。と、何度も交換に出して、やっとまともなものが手に入ることも度々です。

数年前、ある記事が発表されました。知る人は知る、HDDの壊れやすいランキングです。

このランキングトップがなんと私のお気入りのメーカーでした。

私は愕然とするとともに、あーやっぱりと、妙な納得をしてから、

メインのメーカーを鞍替えしました。

ただ、先のメーカーはRMAが残っていれば、物理的な破損が外部にない限り、即交換してくるのはありがたかったです。

で、タイトルの事ですが、ある怪しいHDDがでてきました。カーン、カーン、カタ、カタと音は様々ですが、

明らかに物理的に怪しい音です。データを読み取ろうとすると、途中で永遠と0MB/sとなり、思い出したようにまた読み出したりを繰り返します。あー、こりゃだめか。といつもならデータをあきらめて交換に出すのですが、

ふと気まぐれに、電源からでているSATA用の2本のケーブルのうち、使っていない方をHDDにつないでみると、

先の不調がうその様に読み書きをしてくれます。ん?たまたまか?と、電源ケーブルを戻してみるとまた、同じ現象。

もう一本に変えてみると、とても順調。そのHDDはRMAが切れていたので、ごみに出すこともできない、ごみになるところが、

いまだに元気に動いています。

今考えると、不調だと思っていたHDDは、HDD本体のせいではなく電源のせいではないかと。

電源トラブルで電源を買い替えたことは何度もあったのですが、その時は、PC自体が起動しないなどでしたので、

目からうろこ状態でした。電源ってやっぱり大事ですね。電源は消耗品だなとつくづく思わされました。

ちなみにHDDは燃えるゴミにも燃やせないゴミにも、資源ごみにも出せません。PCでもありませんので、有料での回収もありません。どう処分してよいやらわからないHDDが20本程、ひっそり眠っています。業者に頼むと、一本900円くらいで破砕処理してくれるようですが。

ここまでは、私のつたない体験談ですが、お役に立つ情報を一つ。

昨今のHDDはTBが当たり前、ただし、古いマザーボードでは、4TBなどのHDDを指すとBIOSでは認識してもWindowsでは、(うちのWindowsは基本8.1です。)正しい容量で認識しません。マザーボード用のデバイスドライバが古い為、致し方ないのですが。

そこでお立合い。限定的な条件になってしまいますが、

あなたのマザーボードが、LGA775で、チップセットがICH10なら、4TB以上のディスクでも使える可能性があります。

マザーボードのドライバでインテルマトリクス・ストレージ・マネージャーを使っているのなら、

これを削除し、インテルのサイトから、インテル・ラピッド・ストレージ・テクノロジー落としてきて、インストールするれば、利用できる可能性があります。

ただし、インストールできるのは、iata_cd.exe  となっている、一番古いバージョンです。

うちの上記条件のマザーで、見事4TBを認識して正常な容量で使えるようになりました。

マザーボードメーカーのドライバではなく、インテル純正のドライバですので、100%うまくいく保証はありません。

ドライバをインストールする事で、不調をきたす可能性もあります。

うちの環境では、たまたまうまくいっただけかもしれません。

ですので、一切の責任は持てませんのでくれぐれも自己責任でおねがいします。

全く関係ない話ですが、私はマウスよりトラックボール派です。先日、ケンジントンのスリムブレイドトラックボールを購入したのですが、むちゃくちゃ使い勝手がいいです。ネットではいまいちと言われている方もいますが、私にはあたりでした。

親指トラックボールは右手でしかまともに操作できないので微妙です。やっぱり、人差し指、中指ででかいボールをぐりぐりできるトラックボールが使いやすい。

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*