賢く最新ニュースを把握する3つのアプリ

こんにちわ。
IT業界は、日々めまぐるしく新しい情報が行き交っている業界です。
その中で、時間をかけずに最新のITニュースを把握しておきたいですよね。

私は毎朝必ず通勤時間にニュースをスマホで閲覧します。
今回は私がオススメするニュースアプリを3つご紹介します。

 

*********************************

1.グノシー

私が一番愛用しているニュースアプリです。最近ウルトラマンを起用したCMもやってますね。

グノシーの良い所は、自分が興味のあるニュースを自動で色々なサイトから引っ張ってきてくれる所です。

Facebookやはてブ、TwitterなどのSNSと連係する事で、グノシー独自のアルゴリズムに沿ってユーザー専用のニュース一覧を作ってくれます。

例えば、FacebookでいつもWebマーケティング系の記事に「いいね!」を押していたりすると、

グノシーは「この人にはWebマーケティング系のニュースを配信しよう」と考えてくれるわけです。

しかも除々に賢くなりますので、使えば使う程自分に合ったニュースを引っ張ってきてくれるというわけです。

元々「Gonosy」と英語表記だったのですが、先日大幅アップデートを行い、「グノシー」とカタカナ表記になりました。

アップデートされた内容としては、レコメンドニュースだけではなく、各カテゴリ毎にもニュースが見れる様になりました。

正直、私は前の方がシンプルでよかったなーと感じてます。。。

 

↓↓ダウンロードはこちらから↓↓

[AppStore] http://p.tl/c5fe

[GooglePlay] http://p.tl/CAtB

 

2.SmartNews

このアプリも非常によく使用します。SmartNewsは、様々なカテゴリのニュースをタブで切り替えながら見る事が出来るアプリです。

例えば「テクノロジー」、「エンタメ」、「グルメ」など、自分の興味のあるニュースカテゴリを登録する事が出来ます。

用するに自分好みのカテゴリに合わせてアプリをカスタマイズ出来るわけです。これは嬉しいですよね。

また、レイアウトも普通のニュースアプリとは異なり、画像と文言が新聞の様に表示されている為、

見た目も楽しい感じでGoodです。

これからも使用していきます。

 

↓↓ダウンロードはこちらから↓↓

[AppStore] http://p.tl/f9bG

[GooglePlay] http://p.tl/o6mP

 

3.Flipboard

Flipboardも結構みますね。まるで雑誌を読んでいるかの様なデザインで、パラパラとつい見てしまいます。

レイアウトは、iPadで見たほうが個人的には好きです。

同じニュースアプリでも、やっぱり見せ方が良い方が「見てみようかな」という気にさせますね。

 

↓↓ダウンロードはこちらから↓↓

[AppStore] http://p.tl/X7Zt

[GooglePlay] http://p.tl/vD1v

 

*********************************

結構有名なアプリばかりなので、全部知ってるという方もいらっしゃったと思いますが、
もう一度自分にあったニュースアプリを探すきっかけになってくれたら嬉しいです。
それでは、日々ニュースをチェックし世の中を把握しておきましょう!
本日はこのへんで。

アプリ開発はこちら

 

 

 

ぽっこりお腹をヘコませよう!

こんばんは。デザイナー一年目のともよです。

まだ一年目ということで、日々基礎を勉強しながらWEBに感動をしています。

 

それでは、今回もPhotoshopのお話をさせて頂きます。

 

とある業界ではよく使われる写真補正についてです。

私が今回お話するのは、Photoshopでぽっこりお腹をキュッと引き締める方法です。

 

■Photpshop(cs5版)

今回はこの男性を痩せさせて見せます。

すっごく簡単な手順で、この男性はあっという間に痩せるんです。

①使用する写真をPhotoshopで開きます。(上記のイメージ)

②オプションバーからフィルターを選択します。

 

「ゆがみ」を選択すると、下記の画面が表示されます。

③左のサイドバーで指先ツールを選択します。

④右のサイドバーで、ヘコませたい部分に対応するサイズのブラシサイズを調節します。

 

あとはイメージの背景に合わせながら、

お腹周りを痩せたい方向に少しずつマウスを動かして下さい。

★ポイント

お腹を直接ヘコませようとしてはダメです。お腹の周りの背景を引っ張るようにして下さい。

そうすればポッコリお腹も・・・

■before

■after

いい感じに引き締めることができます。

下の方が自然に見えるかもしれませんが、元素材は上です。

 

背景が複雑な場合は、ブラシを変更すれば問題ありません。

とっても簡単で便利な補正方法なので使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

yahooショッピング無料化!出店すべき?しないべき?

こんにちは。
少し前ですがEC業界を激震させる衝撃的なニュースがありました。
そう、10/7に発表されたyahooショッピングの無料化です。

弊社でも「善左エ門」というスイーツのECサイトを運営しているため、
このニュースは当然注目しております。

仲の良い他店舗さんに話を聞いてみると・・・
早速出店の申込をした店舗、とりあえず様子見の店舗、出店しないという店舗・・・
と反応は様々です。

少し意外だったのが、「出店しない!」という声も結構多く聞かれることです。

「無料ならどんどん出店しちゃえ~♪」なんて個人的には思ってしまうのですが、

意外と 慎重派も多いみたいです。

・・・ということで、発表から少し時間が経ったところで、
慎重派の視点から簡単にまとめてみようと思います!

 

■”無料”、”自由”ってホント?

  • 月額出店料無料
  • 売上ロイヤルティ無料
  • 外部サイトへのリンク、メール送信自由
  • 個人ても出店可能

コレをみたら誰でもビックリして飛びつきたくなっちゃいますよね!

でも、実は全てが無料な訳ではないんです。

 

■完全無料ではない

  • アフィリエイトパートナー報酬原資 1%~71%
  • アフィリエイト手数料 アフィリエイトパートナー報酬原資の30%
  • T-ポイント原資負担 1%~15%

「無料!無料!」といっても完全無料ではなく、上述のコストを店舗側は負担しなけれなりません。
きっとyahooはこのアフィリエイトで儲けるつもりなんでしょうね。。。

詳しくは、Yahooの契約プランをご覧ください。
http://business.ec.yahoo.co.jp/shopping/archives/plan.html

 

■外部リンク自由って・・・

外部サイトへのリンクが自由だそうです。
個人的にこの発表には結構びっくりしました。
ECサイトを運営している人であればご存じかと思いますが、
なんだかんだでマージンを取られるモールよりも

独自ドメインで運営している自社サイトで売れる方が儲かるため、
サイト運営者は、できるだけ自社サイトで売り上げを上げたい!と考えるのが普通です。
一方、モール側としては、ユーザーが他サイトに流出してしまっては困るので、
外部リンクを禁止しているのが普通です。

今回の発表により、yahooショッピングから自社ドメインサイトへの集客が自由になる訳です。
確かに店舗側にとっては、自社サイトへの誘導を期待してしまいますが、
ユーザー側からすればわざわざ会員登録をしてまで外部リンク先の自社サイトで買う理由は
あまりないのかもしれません。
店舗側も自社サイトで買ってもらうような工夫をしなければいけないでしょう。

 

 

■yahooショッピングってどうなの?

日本国内では、楽天、アマゾンという2大巨塔の陰に完全に隠れてしまっている感があるyahooショッピングですが、

(まぁその状況を打破するための今回の”無料化”なのでしょうが)

実際のところどうなんでしょうか。

 

■楽天との比較

2012年度のEC業界全体の中での市場シェアは、
楽天市場の約28%に対して、yahooショッピングは約6%程。
店舗数は楽天の約半分、流通規模では約5分の1程度です。

しかし、1店舗あたりの月商で比較すると、
楽天市場の296万円に対して、yahooショッピングは151万円となかなか健闘しています。

しかし、今回の”無料化”により出店者が増えることで、
1店舗当たりの月商が減るのではないかという懸念があることも事実。

詳しくはコチラの記事が参考になります!
http://www.netshop-studio.com/category/nsnow/r-y-uriage.html

 

■yahooショッピングで買う理由って・・・

ユーザーの声を拾ってみると「yahooショッピングで買う理由がない」という声が結構聞かれます。
確かに、買い物をする側からすると楽天やアマゾンと比較して
わざわざyahooで買う理由は正直あまりないでしょう。
習慣の問題ですが、実際に、私自身も普段yahooでは買い物はしません。
無意識に楽天やアマゾンで商品を探してしまいます。
売り手側にとっては、”出店無料”でも買い手側にとってはyahooで買い物をする理由は今のところあまりないのかもしれません。

 

■客層が良い

“yahooショッピングは客層が良い”なんて言葉をたまに耳にします。
楽天市場は買い物慣れしたユーザーが多く、店舗側のサービスの質に対して厳しい目で見られていることは事実だと思います。
一方で、yahooショッピングはyahooの検索から流入してくるユーザーが多く、
ネットでの買い物にそこまで慣れていないユーザーが多いということが
「客層が良い」といわれている所以だと勝手に思っています。

 

以上、簡単ではありますがまとめてみました。
yahooショッピングへの出店を検討中の方、少しでも参考になれば幸いです!

 

How to Photoshop―画像の切り抜き

こんにちは!

今回はPhotoshopの切り抜きについてお話させていただきます。

 

Photoshopで写真を細かく切り抜きたい!そんな時は・・・

PhotoshopのCS3から搭載されている、

[境界線を調整] で精度の高い切り抜きをすることができます。

 

■STEP1

まずは、以下のように選択範囲を作成します。

 

そして、オプションバーに現れる[境界線を調整…]をクリック!

ここをクリックすると…

[境界線を調整]のダイアログが表示されます。

 

 

■STEP2

[表示モード]の表示:選択範囲と非選択範囲の見え方を選びます。

(今回は背景が明るいものを使用しておりますので、黒地を選択いたします。)

 

そして、[表示モード]以下のエリアで、画像に応じてブラシのエッジの調整いたします。

調整をしたら、キレイに切り抜きたい部分をくるくるっとブラシで選択すると…

髪の毛の細かい部分まで選択されました。

 

■STEP3

最後に出力先を選びます。
今回は「新規レイヤー(レイヤーマスクあり)」を選択いたしました。

また、[不要なカラーの除去] にチェックを入れると、

フリンジ(境界部分のノイズ)を除去してくれます。

OKをクリックして確定をします。

 

\  切り抜きの完成です!  /

 

説明不足なところもあるかもしれませんが申し訳ございません。
最後までご覧いただきありがとうございました!

 

Webサイト開発実績はこちら

 

 

職人技!本物の氷で作られたWEBサイト

おはようございます!

お盆が明け、弊社も本日から営業開始です。

まだまだ暑い日が続きますが、お休みで養った鋭気を活用し元気に頑張ります^^

皆さまも、熱中症にはお気をつけ下さい!

 

そんな暑い日に、なんとも涼しげなサイトを見つけました。

AGF(味の素ゼネラルフーヅ株式会社)のキャンペーンページです。

http://stick-ice-world.com/

 

なんとこのWEBサイト、本物の氷で作られているそうです。

にわかに信じがたいですが、こちらの動画をみて感動してしまいました。

 

これぞ職人技ですね!

トップ画面の氷の彫刻は、高さ2m×横3mの巨大な氷を使用し、

マイナス5度の冷蔵倉庫で約9時間かけて制作されています。

 

サイトをよく見ると、氷の表面に水滴がたれていたり、

氷の周りから冷気がでていたりと、涼しげな演出がたくさん。

 

その他にも、冷やすと色が変わるヒンヤリグラスのプレゼントキャンペーンや、

SNSアイコンや好きな画像を凍ったように加工して遊べる機能なんかもあります。

 

スティックタイプの飲み物は、なんとなくホットで飲むイメージがありますが、

夏にはアイスで楽しめるんだよ!というのを、サイトと動画で訴求したおもしろいWEBサイトですね。

CG技術に頼らず、本物の氷を使っているという点にも、製作者のこだわりと職人の情熱を感じます。

ユーザーに訴えかけるサイト作りのためには、こういった企画力も重要なスキルになってきます。

こだわりの詰まったサイトを企画し、実現する力と行動力を身につけていきたいと改めて感じました。

 

弊社は、WEBサイトの制作から運用まで、トータルで承っております。

実績紹介はこちらをご覧ください。