Facebook Twitter Google Maps RSS
formats

Yahoo YUI calendar カレンダーを使いこなす

こんにちは。

もう12月で来年のカレンダーを購入する時期となりました。

ですので今日はカレンダーについてです。

Web画面で日付を検索する場合や日付を登録する場合に、カレンダーを表示させて日付を選択する。

よくあることです。

Web開発でこのカレンダーの機能実装を手助けしてくれるものの一つとして、Yahoo! User Interface Library(通称YUI)があります。

YUIはDOMスクリプティングやDHTMLやAJAXを利用していて、JavaScriptとCSSで構成されています。

YUIはBSDライセンス(英語)のもと配布されており、どなたでも無償で使用できます。

拡張性が高いので自分の好みのものを実装することが可能です。

さて、実装してみます。

まずはほぼ初期状態のもの。

英語表記で日本人の私にとっては使いにくいです。

まずは日本語表記にしてみましょう。

お、日本語だと分かりやすいですね。

カレンダーにメッセージなんかも追加して、曜日を月曜日始まりにしてみよう。

うんうん、理想に近づいてきました。

でももっと月を表示させたい。。。

2ヶ月分も見れるとまたいいですねー。

あ!大事なことを忘れてました、土日の色分けがされていなかったですね。

最後に見た目を多少整えて仕上げです!

おぉ、それっぽくなりました。

日付を選択するとテキストに入力されます。

今回使用してみて、色々なパターンのものが作れそうなことが分かりました。

これだけ自由にカスタマイズできるとお客様の要望にも応えやすそうですね。

YUIはカレンダー以外にも便利なUIがあり、ブラウザに関係なく使えそうですので興味を持たれた方は色々調べてみてはいかがでしょうか?

ちなみに今回使用したのはver2.4.1で、最新版はもっと新しいものがあります。

 

ではまた~。

Webサイト開発実績はこちら

Tags: ,
formats

インクリメントの方法

こんにちは。
陽気なシステム屋の一員のシホンヌです。

昨日、これまたシステム屋のなんちゃんに、インクリメントについての知識をもらったので紹介します。

私シホンヌはシステム屋人生10余年、インクリメントといえば、変数の後に++をつけていました。
たとえば、int型の変数cntをインクリメントしたい時は

cnt++;

こうすれば、「cnt = cnt + 1」という意味になって、わざわざ計算式を書かなくてもcntは自動的にカウントアップされます。
まぁこれは常識ですね。

しかし今回、うっかりミスのおかげでPHPの開発中にcnt++でインクリメントができず、グーグル先生に聞いたところ

++$cnt;

という記述を見つけてびっくりしました。

そうなんだ!?PHPはインクリメントする場合、変数の前に++をつけるのか!
知らなかった!こりゃーブログに書かなければ!
と、思ったところ、なんちゃんに「PHPは変数++でもイケますよ」とのこと。

えーまじで?

しかも、「前に++するか後に++するかにはちゃんと意味があるんですよ。」とも教えてもらいました。

変数++の場合は、
「まず変数の値を返して、それから変数+1をする」

++変数の場合は
「まず変数+1をして、変数の値を返す」

ということです。
どういうことかと言うと、

echo “カウントその1:”.$cnt++;
echo “カウントその2:”.$cnt;

と書いた場合は

カウントその1:0 ‘<– カウントアップする前の変数の値が表示される
カウントその2:1 ‘<– 上でカウントアップ後の変数の値が表示される

となり、

$cnt = 0;
echo “カウントその3:”.++$cnt;
echo “カウントその4:”.$cnt;

と書いた場合は、

カウントその3:1 '<– カウントアップ後の変数の値が表示される
カウントその4:1 ‘<– 上でカウントアップ後の変数の値が表示される

ということになります。
些細なことかも知れませんが、知らなかったので目からウロコでした。
今度インクリメントする際は、「++変数」でやってみようと思います!

 

 

Webサイト開発実績はこちら

formats

シンプルイズベスト

Published on 2013年11月21日, by in 未分類.

こんにちは。

今回のネタの題名にもしましたが、私が好きな言葉です。

最近はスマホやタブレットが普及し、小さい画面で指で操作する機会が増えました。

そのため、Webの世界でもシンプルな操作性が求められています。

言い換えると見やすいとか使いやすいになりますかね。

ではどんなサイトが見やすい・使いやすいのか?

ちょっと考えてみました。

浮かんだのは以下の4点。
・ごちゃごちゃしていない
・目的のものにたどり着きやすい
・文字の色や画像の配置などが統一されている
・処理が軽い

 

まずは「ごちゃごちゃしていない」こと。

文字が多い、大きい画像が多いなど、便利さ・分かりやすさ・ボリュームを詰め込みすぎると逆に
見づらくなってしまいますね。

ショッピングサイトで一つの商品を表示するのに、他の商品を何十点も上に並べたりしているのを
たまに見かけます。

次に「目的のものにたどり着きやすい」こと。

分かりやすいナビがあったり一覧があるとスムーズですね。

間違ったとしてもすぐ戻れるようになっているとより使いやすそうです。

3つ目は「文字の色や画像の配置などが統一されている」こと。

カラフルなだけでは作り手が満足しているだけで、利用者は迷うだけです。

文字や画像を揃えるだけでもだいぶ違います。

最後は「処理が軽い」こと。

画面の表示や遷移に毎回時間がかかるようだと次は見てもらえません。

不必要なものは省いて少しでもレスポンスを良くすることが大事です。

作り手側はこの辺を意識していかなければいけませんね。

個人的に思う究極のシンプルサイトはやはりgoogleでしょうか(笑)

当たり前に使っていますが、ど真ん中にどーんと検索があるって凄いですよね。

 

さて、もうすぐ年末です
という事はクリスマスも近いですね。

1人で過ごす方、大人数でワイワイと過ごす方、人それぞれだと思います。

そんな時に必要なのはクリスマスケーキ!

以前、他の記事でも何度か取り上げられていますが、弊社ではアイスとスイーツのサイトを運営しております。

右にアイス・スイーツ通販「善左エ門」のバナーがありますので是非ご覧になってみてください。

今日のテーマに無理矢理紐付けますが、食べたいものが見やすく・分かりやすく載っております。

IT企業がお店を持てる時代なんですねー。

 

ではまた~。

Webサイト開発実績はこちら
また、興味を持たれた方もこちらへ

formats

MVVMライブラリ「Knockout.js」の魅力

Published on 2013年11月20日, by in 未分類.

周りでKnockout.jsを使って何か作ろうぜ!って盛り上がってるので
ちょっとずつ勉強してるWeb屋です。

今日はそんなJavaScriptのMVVMライブラリ、Knockout.jsのお話です。

色々と強みがあるKnockout.jsですが、特にデータバインディング機能が秀逸です。

今までaタグにクリックイベントを付与しようとすると・・・


$('a').on('click', function () {
// クリック時の処理
});

と書いていたのが


<a data-bind="click: sample">link</a>

var viewModel = {
sample : function() {
// クリック時の処理
}
};

と書くことができます。

Knockout.jsではイベントのバインディングだけではなく、
各種パラメータ(textやstyle)もバインドできるため、
イベントが発生する度にUIの更新も全て自動で行われます。

ここでダラダラ書くよりも、公式ドキュメントを読むほうが早いので興味を持たれた方は一度目を通してみてください!

formats

IT系情報の入手先

Published on 2013年11月15日, by in 未分類.

どもっ!なんちゃんです。

いきなりですが、皆様は新聞をお読みになっていますか?

私は朝ちらっと目を通し、夜には興味深い記事だけしっかりと読む程度ですが、

毎日紙面を見るように意識はしています。

ただ、情報で溢れ返っているこの時代、

本当に知りたい情報とそうでないものを選別するのって大変ですよね?

例えば技術系だったり、IT系だったり、あるコンテンツに特化した情報を効率良く知ることができれば、

便利だなーと思ったことありませんかねー?

そこで、今回は私がよく利用するIT系ニュースの配信サイトをご紹介したいと思います。

 

まずは定番中の定番!!皆様もよくご存知の

GIZMODO

http://www.gizmodo.jp/

なかでもapple製品の発売前なんて、すごい盛り上がりをみせています。

 

続きまして、こちらも定番の

Gigazine

http://gigazine.net/

IT系ニュースの他にも様々なニュースが掲載されています。

影響力がとても大きく、こちらに取り上げられるとアクセスがとんでもないことになるとか、ならないとか・・・。

 

続きまして有名どころの

ITmedia

http://www.itmedia.co.jp/

テクノロジー関連のニュース・速報を中心にレビューや特集記事も掲載されています。

 

こちらは生活全般のニュースが掲載されている

lifehacker

http://www.lifehacker.jp/

ニュース配信というより、日常生活に役立つハックを様々な分野で掲載されているので、どんなタイミングで見ても楽しめます。

 

アプリやサービスなど、何気ないアイデアで大ヒットする可能性もありますので、

日々新鮮な情報を仕入れ、開発業務に役立てていきたいと思っています。

 

弊社の開発実績はこちら

formats

123456のパスワードにしていませんか?

こんにちは。

寒くなってきたのでコタツを出したところ、あったか過ぎてそこから出れない日が続いています。

さて、今日はパスワードのお話です。

以前、Adobe Systemsのネットワークが不正アクセスされ、大量のユーザー情報などが流出した
事件がありました。

その後、米のStricture Consulting Groupと言う所がパスワードの解析を行い、パスワードの
ランキングを発表しました。

AdobeのパスワードTOP100
(Stricture Consulting GroupのTop 100 Adobe Passwords with Count)

ランキングを見てみると、ある特徴が見えてきます。
①数字の昇順、降順の繰り返し
②同じ数字の繰り返し
③単語名(ありがちなフレーズ)
④片手で打てる
⑤キーボードの並び順

***********************************************************
①数字の昇順、降順の繰り返し

危険な部類の一つですね。
ランキングの中にいくつも入っています。
英字に比べパターンが少ないので解読されやすいです。
しかも順番に並んでいるとさらに危険度が増します。
191万人もの方が“1234546”にしているのも驚きです。

***********************************************************
②同じ数字の繰り返し

こちらも危険な部類です。
ほとんどの数字の繰り返しがランキングに入っています。
連続する文字はサイト側でNGな場合もありますが、利用者も
単純な繰り返しを避ける必要があります。

***********************************************************
③単語名(ありがちなフレーズ)

単語名によっては危険です。
3位にある“password”はやめておきましょう。
また、利用している商品(“adobe”など)やサイト名(“yahoo”など)
のみの使用も控えましょう。
ランキングを見てみると物の名前・地名など様々な単語を
使用しているのが分かります。

***********************************************************
④片手で打てる

片手で打てると言う事は単純な傾向になってしまいます。
83位の“abcdef”であったり、85位の“test”なんかも左手で簡単に
入力できます。
たまたまかもしれませんが、他の人が想像できそうなものに
なりがちです。

***********************************************************
⑤キーボードの並び順

一見分かりにくそうな文字の羅列ですが安易なようです。
6位に“qwerty”、27位に“asdfgh”が入っていますね。
123456もキーボードの並び順ですので、同じ考えで行くと
この考えも危険な部類になるかもしれません。

***********************************************************

皆さんがお使いのパスワードはこのランキングに入っていたでしょうか?

入っていたなら今すぐにでも変更した方が良いでしょう。

変更の際はちょっとした工夫でより知られにくいものになります。
例えば、
・英字の”o”を数字の”0″にする
・英字の”a”を記号の”&”にする
・数字の”1″を記号の”1″にする
・頭文字を大文字にする

こんな感じにするとちょっと変わります。
これを利用して、“password1234”を変換してみます。

変換前password1234

変換後P&ssw0rd!234

どうですか?

打ちにくくはなりましたが、ランキングには載らなさそうなものになりました。

これはあくまでも例となりますが、自分なりの法則を考えてセキュリティ意識を高めましょう。

 

ではまた~。

Webサイト開発実績はこちら

Tags:
formats

PHP:名前のとおりコンパクト!compact関数

Published on 2013年11月6日, by in webサイト.

こんにちは

寒くなり、鍋のおいしい季節となりましたね。
鍋をつつきながら、冷酒を飲むのが、私の冬の唯一の楽しみです。

鍋は、様々な具材を引数にとりますが、
受け取る引数が多い場合、連想配列で受け取るようにしますね。
このような関数に引数を渡すとき、値をどのように渡してますか?
compact関数を使うと、いいですよ!

名前や住所などの情報を受け取り、標準出力する関数を例に見てみましょう。


 function outputData($data){
  echo(“名前:{$data[‘name’]}\n”);
  echo(“年齢:{$data[‘age’]}\n”);
  echo(“性別:{$data[‘sex’]}\n”);
  echo(“住所:{$data[‘address’]}\n”);
  echo(“電話番号:{$data[‘tel’]}\n”);
 }


上記outputData関数を実行するのに、


 $name = ‘愛円太郎’;
 $age = ’20歳’;
 $sex = ‘男’;
 $address = ‘東京都渋谷区’;
 $tel = ’03-XXXX-XXXX’;

 // データチェック処理など
 // …

 // 引数生成
 $data = array(
  ‘name’ => $name,
  ‘age’ => $age,
  ‘sex’ => $sex,
  ‘address’ => $address,
  ‘tel’ => $tel);

 // 出力
 outputData($data);


と、連想配列$dataを作る必要がありますね。
$dataを作るのに、compact関数が便利です。
compact関数は、変数名を文字列で渡すと、

array(変数名 => 変数の値)

とした連想配列を返してくれます。ですので、

$data = compact('name','age','sex','address','tel');

と一行で記述することができます。

ソースコードがすっきりしますね。
連想配列から変数を生成するextract関数もあります。

compact関数、extract関数をうまく使って、
きれいなソースコードを書いて、
おいしい鍋を食べて、
寒い冬を乗りきりましょう!

Tags:
formats

ありがとうJfxMessageBox!

Published on 2013年10月25日, by in 未分類.

こんにちは。
陽気なシステム屋の一員のシホンヌです。

2013/09/13の「わからない技術を調べる時に注意すること」というタイトルのブログで、
JavaFXでメッセージボックスを出力するのに「JOptionPaneクラス」が使えた!と書きました。

ところがどっこい、同僚から「Macでは使えない」と指摘を受けました。

ガビーンΣ(゚口゚;

今回の開発はOSがWindowsでもMacでも使えないといけないので、JOptionPaneではダメです。
うう、残念…。

指摘してくれた同僚が、JfxMessageBoxというJavaFX2用のフリーなメッセージボックスライブラリを使用してメッセージボックスを表示するように直してくれました。
これならWindowsでもMacでもちゃんとメッセージボックスが表示されます!
使い方もとても簡単!
このライブラリを作ってくださった方に心底お礼を言いたいです。

ありがとう!!!

そしてこのライブラリを知っていて教えてくれた同僚にも感謝!

ありがとう!!!

1人で考えていたらこのライブラリに気づくのはもっと遅いか気づかなかったかも知れません。
チームで作業したり、人に見てもらったり相談するのって大事ですね…!

しかしなぜJavaFX2は標準でメッセージボックス使えないようにしてしまったんですかね…。
よく使うクラスなのに…。

 

システム開発実績はこちら

 

formats

yahooショッピング無料化!出店すべき?しないべき?

こんにちは。
少し前ですがEC業界を激震させる衝撃的なニュースがありました。
そう、10/7に発表されたyahooショッピングの無料化です。

弊社でも「善左エ門」というスイーツのECサイトを運営しているため、
このニュースは当然注目しております。

仲の良い他店舗さんに話を聞いてみると・・・
早速出店の申込をした店舗、とりあえず様子見の店舗、出店しないという店舗・・・
と反応は様々です。

少し意外だったのが、「出店しない!」という声も結構多く聞かれることです。

「無料ならどんどん出店しちゃえ~♪」なんて個人的には思ってしまうのですが、

意外と 慎重派も多いみたいです。

・・・ということで、発表から少し時間が経ったところで、
慎重派の視点から簡単にまとめてみようと思います!

 

■”無料”、”自由”ってホント?

  • 月額出店料無料
  • 売上ロイヤルティ無料
  • 外部サイトへのリンク、メール送信自由
  • 個人ても出店可能

コレをみたら誰でもビックリして飛びつきたくなっちゃいますよね!

でも、実は全てが無料な訳ではないんです。

 

■完全無料ではない

  • アフィリエイトパートナー報酬原資 1%~71%
  • アフィリエイト手数料 アフィリエイトパートナー報酬原資の30%
  • T-ポイント原資負担 1%~15%

「無料!無料!」といっても完全無料ではなく、上述のコストを店舗側は負担しなけれなりません。
きっとyahooはこのアフィリエイトで儲けるつもりなんでしょうね。。。

詳しくは、Yahooの契約プランをご覧ください。
http://business.ec.yahoo.co.jp/shopping/archives/plan.html

 

■外部リンク自由って・・・

外部サイトへのリンクが自由だそうです。
個人的にこの発表には結構びっくりしました。
ECサイトを運営している人であればご存じかと思いますが、
なんだかんだでマージンを取られるモールよりも

独自ドメインで運営している自社サイトで売れる方が儲かるため、
サイト運営者は、できるだけ自社サイトで売り上げを上げたい!と考えるのが普通です。
一方、モール側としては、ユーザーが他サイトに流出してしまっては困るので、
外部リンクを禁止しているのが普通です。

今回の発表により、yahooショッピングから自社ドメインサイトへの集客が自由になる訳です。
確かに店舗側にとっては、自社サイトへの誘導を期待してしまいますが、
ユーザー側からすればわざわざ会員登録をしてまで外部リンク先の自社サイトで買う理由は
あまりないのかもしれません。
店舗側も自社サイトで買ってもらうような工夫をしなければいけないでしょう。

 

 

■yahooショッピングってどうなの?

日本国内では、楽天、アマゾンという2大巨塔の陰に完全に隠れてしまっている感があるyahooショッピングですが、

(まぁその状況を打破するための今回の”無料化”なのでしょうが)

実際のところどうなんでしょうか。

 

■楽天との比較

2012年度のEC業界全体の中での市場シェアは、
楽天市場の約28%に対して、yahooショッピングは約6%程。
店舗数は楽天の約半分、流通規模では約5分の1程度です。

しかし、1店舗あたりの月商で比較すると、
楽天市場の296万円に対して、yahooショッピングは151万円となかなか健闘しています。

しかし、今回の”無料化”により出店者が増えることで、
1店舗当たりの月商が減るのではないかという懸念があることも事実。

詳しくはコチラの記事が参考になります!
http://www.netshop-studio.com/category/nsnow/r-y-uriage.html

 

■yahooショッピングで買う理由って・・・

ユーザーの声を拾ってみると「yahooショッピングで買う理由がない」という声が結構聞かれます。
確かに、買い物をする側からすると楽天やアマゾンと比較して
わざわざyahooで買う理由は正直あまりないでしょう。
習慣の問題ですが、実際に、私自身も普段yahooでは買い物はしません。
無意識に楽天やアマゾンで商品を探してしまいます。
売り手側にとっては、”出店無料”でも買い手側にとってはyahooで買い物をする理由は今のところあまりないのかもしれません。

 

■客層が良い

“yahooショッピングは客層が良い”なんて言葉をたまに耳にします。
楽天市場は買い物慣れしたユーザーが多く、店舗側のサービスの質に対して厳しい目で見られていることは事実だと思います。
一方で、yahooショッピングはyahooの検索から流入してくるユーザーが多く、
ネットでの買い物にそこまで慣れていないユーザーが多いということが
「客層が良い」といわれている所以だと勝手に思っています。

 

以上、簡単ではありますがまとめてみました。
yahooショッピングへの出店を検討中の方、少しでも参考になれば幸いです!

 

formats

XPのサポートが終了して半年、他のサポート終了日は?

こんにちは。
暑い日も終わり、だいぶ寒くなってきましたね。

今日はWindowsのサポート終了日についてです。
WindowsXPの延長サポートが終了して半年が過ぎました。

しかしながら、周りではまだXPをそのまま使っているという声を聞きます。
別に普通に使用できるから。。。
と言っても、サポートが切れるのは大きなリスクとなります。

Windows のバージョンがサポートされていないと、
 ・WindowsUpdateからソフトウェアの更新プログラムを受け取ることができない。
 ・ウイルス、スパイウェア、その他の悪意のあるソフトウェアからPCを保護することに役立つ
  セキュリティ更新ができない。
 ・ハードウェアの新しいドライバーなど、Windows の信頼性を向上させる最新の
  ソフトウェア更新プログラムもインストールできない。

このようにデメリットしかありません。

ネットワークに接続しないから大丈夫!とも言えず、USBなどからのウイルス感染例もあります。

XPを使用していたPCと言うとだいぶ古くなっているかと思いますので、PCの買い替えでOSも
アップグレードするのが良いのかなと個人的に思います。

XPは使いやすい、使い勝手が良い印象が強いので、逆にそれが切り替えを遅らせるという、
何とも微妙な感じです。。。

メリットが無ければ切り替えもしないのでそれをしっかりと伝える必要がありそうですね。

ちなみにXP以降の延長サポートを調べてみると、

延長サポート終了日
Windows XP ⇒ 2014年4月8日(期限切れ)
Windows Vista ⇒ 2017年4月11日(残り約3年半)
Windows 7 ⇒ 2020年1月14日(残り約6年)
Windows 8 ⇒ 2023年1月10日(残り約9年)

3年単位くらいで随時期限を迎えるようです。

さらにさらに、

延長サポート終了日
Office 2003 ⇒ 2014年4月8日 (期限切れ)
Office 2007 ⇒ 2017年10月10日 (残り約4年)
Office 2010 ⇒ 2020年10月13日 (残り約7年)
Office 2013 ⇒ 2023年4月11日 (残り約9年半)

オフィスも随時期限を迎えますのでご注意を!

ではまた~。

Webサイト開発実績はこちら