Facebook Twitter Google Maps RSS
formats

Hyper-VとIRST

こんにちは、火曜日担当の倉垣です。

 

先日、iPhoneを胸ポケットから落としました。

靴を履こうと下を向いたときに飛んでいきました。

幸い、カバーをつけていたので本体に傷がつかずよかったです。

しかし、どうして私の買う電話は、どれも私から逃げようとするのでしょうか?

 

ところで、最近新しいノートPCを購入しました。

普通に使えばいいのですが、ちょっと変わった構成に変えて構築しなおしてみました。

そこで今回は、そのPCの構成について紹介したいと思います。

 

 課題と解決方法

今回のシステムの課題は4点あり、それぞれ次のようなアプローチで解決しています。

 

以下、今回利用した技術について、いくつかご紹介します。

 

Hyper-V

Windows 8にはHyper-Vが標準で搭載されています。

そこで、Hyper-V上の仮想マシンにサーバーとクライアントをインストールしてみました。

構成: ホストOS:Windows 8 ゲストOS1:Windows Server 2012 ゲストOS2:Windows 8

 

インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー

ホストOS側にインテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー(以下、IRST)を導入しました。

これでディスクアクセス速度をホストOSとゲストOSの両方で向上させることができます。

今回のホストOSはWindows 8ですが、当初の予定ではホストOSにWindows Server 2012を想定していました。

しかし、構築時点ではIRSTのドライバが用意されていなかったので今回はWindows 8をホストOSとしています。

 

Active Directory

ゲストOS1のWindows Server 2012にはActive Directory(以下、AD)をインストールしています。

ゲストOS2のWindows 8は上記ADのドメインに参加しています。

ホストOSはドメインに参加していません。ドメインに参加しているのはゲストOSだけです。

 

仮想ネットワーク

ネットワークは、external、internal及びpriveteの3つを用意しています。

externalはインターネットに接続されており、ホストとゲストの2つのWindows 8マシンだけに接続してあります。

こうすることで、普段使わないADサーバーを外部の脅威から遮断しています。

 

internalはホストOSとゲストOSをつなぎ、priveteはゲストOS間のみを接続しています。

 

普段使用する予定のゲストOS上のWindows 8は、ホストOSからリモートデスクトップにて接続します。

リモートデスクトップのパフォーマンスも向上しているので応答時間等に不満はありません。

また、ベンチマークの結果をみると、ゲストOS上でもディスクアクセス速度は良好です。

 

ただ、搭載メモリが4GBなので、ゲストOSにてあまり大きなメモリを割り当てることができません。

メモリを増設するともっと快適になりそうです。

formats

iOSのバッテリー問題

こんにちは。
月曜日担当の青木です。

最近のスマートフォン関連の話題としてはやはりiPhone5が多いと
思いますが、バッテリー問題がある事はよく知られていると思います。
特にiOS6にアップデートしてから、余計に消耗が早くなったという
話を聞きます。

私自身も近々iPhone5を購入予定なので、他人事ではありません(;^ω^)

という事で、バッテリーを長持ちさせる方法をいくつか調べてみましたので、
ご紹介致します。

■ツー地サービスは極力オフにする

 通知サービスはオフにした方が効果的です。
 ただ、緊急地震速報などはいざという時に必要だと思いますので、なかなか
 判断が難しいかもしれません。

■位置情報サービスはオフにする

 これは間違い無く、普段はオフにしておくべき機能だと思います。使いたい時
 にオンにすれば良いのですからw
これ、相当バッテリー喰いますからね。

■Spotlight検索・日付と時刻の自動設定をオフにする

 Spotlight検索とは、簡単に言うとコンピュータ内のファイル等を検索する機能です。
 新しいファイルやアプリが追加されると、検索できるように整理する処理が走るので、
 バッテリーの消費が激しくなるようです。
 日付と時刻の自動設定も常に走らせるのではなく、時刻がズレた時など、必要に応じて
 実行すれば良いかと思います。

■iCloudの同期項目を減らす・iTunes storeおよびApp Storeの自動DLを停止する

 iCloudは、複数のデバイスでデータやファイルを同期できる機能です。
 ただ、ネットワークの接続でバッテリーを消費してしまうため、不要な同期はオフに
 した方が良いでしょう。

■「Wi-Fiをオフにする」「Bluetoothをオフにする」「Siriをオフにする」「画面の明るさを抑える」

 これも必要になった時にオンにすれば良いですし、画面も適度な明るさにした方が良いです。

いくつか挙げましたが、大体こんなところでしょう。
これらに共通する事と言えば、【常に起動している】、【頻繁に自動実行される】ような機能はオフにする、
という点ですね。
携帯端末と言えども四六時中使っている訳ではないので(人によって程度が異なると思いますが)、
常にバッテリーを喰う処理を走らせるのは無駄です。

こういうちょっとした事に気を付けるだけでも、かなりバッテリー持ちは違うはずです。
少なくともAndroidではそうでした。

もちろん、これらの機能をオンにした状態でも24時間くらいは持つのが理想ですよね。
いずれ実現されれば良いのですが(;^ω^)

formats

【アップル】iOS6の新機能「Passbook(パスブック)」

Published on 2012年10月12日, by in 未分類.

こんにちは。金曜担当のまるじです。

先日、発売された「iPhone5」。
私の周りでも持っている人が増えてきました。
さて、このiPhone5に搭載されているアップルの最新OS「iOS 6」ですが、
巷では地味だのなんだのと言われ、特に目玉となるような新機能は追加されていませんが、
1つ注目の機能があります。

それが「Passbook(パスブック)」という機能です。

この機能は、簡単に言うと

「電子チケットや電子クーポン、
電子会員証などをひとつにまとめて管理できるアプリ」

のことです。

すでにいくつかの企業が導入しており、
例えば、無印良品では、パスブックを通して、
同社の人気商品であるブールドネージュ(お菓子)を
先着1000名にプレゼントするクーポンを配布したり、
アディダスでは、先着100名にオリジナルのグッズをプレゼントする
クーポンを配布しています。

クーポン系以外の導入事例では、全日空が国内線を対象に
10月1日からパスブックを使ったデジタル搭乗券のサービスを開始しています。
航空券を購入して座席指定をした後、パスブックに登録すると、
搭乗チェックインを行わずにiPhoneをかざすだけで飛行機に乗れるらしいです。
運航状況や出発時刻に変更があった場合、プッシュ通知が届くのも非常に便利ですね。

ぐるなびでも導入を開始しており、
ユーザーが保存した飲食店の近くに行くと、
iPhoneにクーポンのプッシュ通知が自動的に表示され、
パスブックの画面をお店で提示するだけで、
割引などのサービスを受けることができます。
GPS機能と連動している点が大きな特徴です。

「O2O」(Online to Offline)の流れに拍車がかかりそうですね!

formats

第5世代iPod touch

Published on 2012年10月11日, by in 未分類.

みなさんこんにちは。木曜日担当のはらだです。

先日、iPhone5に続き新しいiPod touchについても発売が開始されたようです。
iPhone5との違いはiPod touch単体での電話ができないことが大きいかと思いますが、それ以外の機能についてはほぼiPhone5と同等ですので購入を検討している方もいらっしゃるかと思います。

もう一つの大きな違いとしてデザインが挙げられると思いますが、あわせて今回はカラーバリエーションが増えました。
以前のiPod touchは白と黒の2色だけでしたが、今回は以下の5色にApple Store限定色もあわせて6色から選べるようになっています。

Apple Store限定色は(PRODUCT) REDという名前で展開されています。
この(PRODUCT) RED製品は売上の一部をAppleが「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」に寄付するようになっていますので、どの色を選ぶか迷っていましたら参考にしてください。

formats

レスポンシブWEBデザインでの注意点

Published on 2012年10月10日, by in 未分類.

こんばんわ。水曜担当の小堀です。

ここ最近レスポンシブWEBデザインについて書いてみます。
ありがたいことに弊社でもレスポンシブWEBデザインの案件がここ最近増えていて
WEBサイトを いくつか制作する機会がありました。

その中で私なりに感じた注意点をまとめてみました。

制作工数は減少しない。むしろ増える。

いわゆるスマートデバイス最適化サイトに比べて開発工数は増えますね。
ワンソースで汎用的な分、高機能になります。
jQueryとCSS3で要求されるレベルに比べれば、UserAgentで最適化されたサイトに飛ばした方が全然楽です。
デザインもレスポンシブWEBデザイン特有の制約が増えることにより今までより難しくなります。

チーム内のコミュニケーションが大事

制作する上でのトラブルも増えました。

  • jQueryがスマートデバイスだと動かない
  • スマートデバイスでの表示速度が遅い
  • 画像内の文字が小さくなりすぎてしまった
  • なんかデカイ隙間ができてしまった

等など。 そんな時のトラブル対応ための迅速で的確なコミュニケーションが大事になってきます。
お客様にはデザインや機能の変更を伝え、気持よく納得して頂かなければいけないし、変更後に失敗するわけにはいかないので技術の絶対的な裏付けが必要になります。
その時、各メンバー、ディレクター・デザイナー・コーダーの意思疎通をきちんとしてなければ工数はどんどん増え、お客様を不安にさせてしまいます。
私はまだレスポンシブWEBデザインの制作は協力会社さんと制作したことはありませんが、もしそうなったらここが一番大変だと思います。

 

formats

SSDとioDrive

Published on 2012年10月9日, by in 開発全般.

こんにちは、火曜日担当の倉垣です。

 

皆さん、3連休はどう過ごされたでしょうか?

私は頭が爆発していました。

しばらく散髪にいってないと、起き抜けに見る鏡はひどいですね。

面白いのでしばらくそのまま過ごしました。

 

さて、今回はSSD等のシリコンドライブの話です。

 

IRST

最近ではSSDの信頼性が上がり、価格もかなり安くなりました。

しかし、SSDが安くなってきたとはいうものの、HDDに比べるとまだまだ高価です。

私もSSDを導入したいと考えていたのですが、予算があまりありません。

そこで、容量の小さなSSDを購入し、”インテル ラピッド・ストレージ・テクノロジー ”(以下、IRST)を導入してみました。

http://www.intel.com/p/ja_JP/support/highlights/chpsts/imsm

 

IRSTは、SSDをキャッシュとして活用する技術です。

HDDに直接アクセスする前に、いったんSSDを介することで、読み込みと書き込みの両方でアクセス速度を向上させることができます。

しかし、システムに障害が発生した場合、書き込む処理中のデーターをなくしてしまうおそれがあります。

そこで、読み込みだけにIRSTを利用する機能も用意されています。

 

上記2つの機能は前者は拡張モード、後者は最速モードと呼ばれています。

これを活用することで自宅のパソコンのディスクアクセス速度が向上しました。(図1. IRSTの効果)

この技術は、安価なサーバーを構築する際に活用できるかもしれません。

 

図1. IRSTの効果

図1. IRSTの効果

 

ioDrive

近年、SSDはパソコンだけではなくサーバーにも活用されるようになりました。

各サーバーメーカーはオプションとしてSSDの提供を行っています。

 

http://h50146.www5.hp.com/products/old/servers/proliant/storage/ssd_pl/ http://content.dell.com/jp/ja/public/d/campaigns/poweredge-express-flash

 

また、SSDとよく似た技術にioDriveというものがあります。

Fusion-io社が開発しているもので、SSDと同じNANDフラッシュメモリを活用したストレージ装置です。

 

ioDriveとSSDはよく似ていますが、1番大きな違いはストレージの接続方式です。

SSDがSASやSATAに接続するのに対し、ioDriveはPCIeに接続します。

こうすることで内部処理を少なくし、転送速度を向上させることができるのだそうです。

ただし、ioDriveは性能が良い分SSDに比べてかなり高価なストレージです。

 

過去5年でサーバーの処理性能は5倍ほど向上しました。

一方、ディスク装置のアクセス速度は2倍にしかなっていません。

しかし、SSDを活用することで、HDDと比べランダムライトで約20~50倍ものアクセス速度を実現し、ioDriveに至っては約100~180倍となっています。

今後の実サーバーの設計においては、CPUやメモリ等の選定よりも、どのディスク装置を選択するかの方が重要となりそうです。

formats

夢がいっぱいデジタルサイネージ【事例】

Published on 2012年10月5日, by in 未分類.

こんにちは。金曜担当のまるじです。

今回は、夢のあるデジタルサイネージの事例をご紹介したいと思います。
ちょっと古い事例ですが・・・

皆さま、ご存じの「ディズニー」が2011年11月にアメリカで実施したプロモーション事例です。

ニューヨークのタイムズスクエアでARを駆使して展開した体験型のプロモーションです。
コンセプトは、夢の世界からタイムズスクエアにやってきた
ミッキーマウスの不思議な魔法により、
ニューヨークのど真ん中で、「ディズニーのキャラクターと一緒に遊べる」というもの。


人々がタイムズスクエアに設置された丸い円が描かれた指定のポイントに立つと、
ミッキーがかけた魔法により、目の前の大型スクリーン上で、
ディズニーのキャラクターたちと一緒に踊ったり、遊ぶことがでができるんです!!


日本でも大人気の妖精ティンカーベルは、
魔法で自由の女神に扮したミニーマウスを呼びだします。

これはスゴイ!!!

 

「夢の世界からやってきたディズニーのキャラクター」とディスプレイ上で共演できるという体験型プロモーション。
遊び心があって楽しいですね!!

formats

3億年先の未来に向けて

Published on 2012年10月4日, by in 未分類.

みなさんこんにちは。木曜日担当のはらだです。

みなさんはデータをバックアップする際には何を利用していますでしょうか。
DVDやBlu-ray、外付けHDDなどを利用しているかと思いますが、これらのメディアの耐用年数は何年なのでしょうか。
一般的にはDVDやBlu-rayなどの光ディスが30年程度でHDDは5年程度と言われています。
そのため、この周期でバックアップのバックアップをとらなければならなくなります。

5年〜30年とある程度長い周期であるために、データー量がそこそこ多くても、あまり苦にはならないかもしれませんが、これが数十TB単位になってしまうと、とてもじゃないけれど対応したくなくなります。
(ただ、30年という期間で考えると新しいストレージ技術が出てきているとは思いますが。)

この問題を解決するために、最近、日立製作所と京都大学が共同で数億年保存可能な技術を開発したようです。
(参考:http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/2012/09/0924.html

この技術は石英ガラスにレーザーでデーターを記録し、光学顕微鏡でデータの再生を行うというものです。
まだ研究段階であるため、データー容量はさほど大きくなく、CDと同程度の記録密度しかないようですが、これから実用化に向けて更なる記録密度の向上が行われると思います。

アナログとデジタルの違いがあるにせよ、数百年経った今でもデーターが読み出せる紙って、実は素晴らしい記録媒体なんじゃないかと思ったりします。

formats

dribbbleのダウンロードができる.psdまとめ(GUI編)

Published on 2012年10月3日, by in デザイン.

こんにちわ。水曜担当のこぼりです。

dribbbleのダウンロードができる.psdファイルをまとめてみました。
.psdファイルなのでadobe photoshopで開け、編集が可能です。

流石dribbbleどれもクオリティが高く、質感や陰影の表現が半端ないです。
一つの部品に対しレイヤーをたくさん使い、とても丁寧に作られています。
まるでハードウェアのインターフェースのようなものまでありますね。

インスピレーションや技術学習のためにダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

http://bit.ly/uPkqN5

http://dribbble.com/shots/597337-Braun-UI-psd/attachments/47628

 

 

http://dribbble.com/shots/125072-BlackUI-v1-Free-PSD-Source/attachments/111

http://dribbble.com/shots/571048-Insta-GUI-psd/attachments/43571

 

http://www.mediafire.com/?a1663wvp38bh5yp

 

formats

Kinectの活用

Published on 2012年10月2日, by in 開発全般.

こんにちは、火曜日担当の倉垣です

 

先日の夜のことです。

その日はかなり風が強く、外では色々なものが飛んでいました。

私が家でゆっくりしていたところ、突然”キュウ…”と声がするのです。

変な動物でも侵入してきたのか?なにか怖いものでも潜んでいるのか?

しばらく怖がっていたのですが、どうやら古い建物がきしんでいただけのようでした。

 

 

さて、今回も先日参加した”パートナー コンファレンス 2012”で聞いたお話を紹介します。

少し変わったところで、Kinectの活用事例です。

 

Kinect

みなさんご存じのように、KinectはXboxの体感ゲーム用デバイスとして知られています。

ゲームの中のキャラクターの動きと自分自身の体の動きをリンクさせてみたり、 撮影した動画とCGを合成できたりします。

しかし、活用方法はそれだけではないようです。

当日紹介されていた事例は、PC用のKinect for Windowsを利用した、”手を触れずに行うPCの操作”と”小売りにおける行動追跡”でした。

 

手を触れずに行うPCの操作

当日は、手術室での活用が紹介されていました。

手術の際、医師は細菌等の感染源を減らすために、キーボードやマウス等といったデバイスにはなるべく触りたくありません。

しかし、Kinectを用いれば、PCに一切触れることなく操作することが可能です。

 

このインターフェースが一般的になれば、料理や農作業等の手や物の汚れを防ぎたい場合や、道具から手を放したくない場合でも、PCを操作することが容易となりそうです。

 

小売りにおける行動追跡

POSはコンビニ等では当たり前に導入されているシステムです。

しかし、最終的に誰が何を買ったかはわかりますが、購入に至るまでの行動を把握することはできません。

”どの商品と迷ったのか”、”手に取った順番”、さらに買わなかった場合にも”どの商品を見た上で買わなかったのか?”

今まではこういったことを把握する安価な手段がありませんでした。

 

確かに、RFIDタグ等の無線によるソリューションはありましたが、どうしても大がかりなものになってしまいます。

特にRFIDタグは、全てのアイテムにつける必要があり、手間とコストがかかります。

 

一方、Kinectを利用したソリューションでは、安価に顧客の行動をトレースできるシステムを構築できます。

Kinectで撮影した画像を解析しますので、KinectとPCサーバー、そしてアプリケーションを用意すればシステムを構築することができます。

もちろん無線と違い、Kinectを活用したソリューションは、映像として撮影できないと検知できません。

そのため、ある程度は設置場所に制限はありますし、顧客が手に取った商品を別の商品棚に戻すと検知できなくなる場合もあるでしょう。

 

私はこれまで、Kinectは主にゲーム等のエンターテイメント関連でしか利用できないと思っていました。

しかし今回の事例紹介で、ビジネスの現場でも活用できるデバイスであるとわかりました。

まだまだ、誰も思いついていない利用方法があると思います。他には何に使えるのでしょうか?

 

Tags: , , ,