Facebook Twitter Google Maps RSS
formats

SQL Server 2012 BI DWHのデーター構成

Published on 2012年5月22日, by in 開発全般.

こんにちは
火曜日担当の倉垣です。
月曜日は金環日食がありましたね。
皆さんはご覧になったでしょうか?
私は見ていません。
 
DWHの構造
 
さて、今回はDWHのデーター構成についてお話ししたいと思います。
 
普段扱っているDBといえばRDBMSで、多くの場合データーを正規化して業務に活用します。
しかし、DWHでは考え方が異なり、わざと正規化しない場面も多々あります。
 
DWHで求められることは多くの場合、「大量のデーターを短時間で分析すること」ですので、それに合わせた構造となっているのです。
この正規化しないデータベースはスタースキーマと呼ばれる構造で構築されます。
スタースキーマは、下記の図1のように一つの実績情報テーブルに星のように分析の視点となるテーブルが紐づいているものです。
 
例えば、売上データを格納した実績情報テーブルには、日付や店舗、商品等が格納されたテーブルが紐づくことになります。
紐づくテーブルは複数でも、1つでもかまいません。テーブルやデーター間の関係は後で定義できます。
例えば日付テーブルは年、月、週及び日といったデータを1つのテーブルに持たせることが多いと思いますが、図1のように年、月、週、日毎に別々のテーブルとして用意しておくことも可能です。
 
スタースキーマ
図1 スタースキーマの例
 
データキューブ
 
スタースキーマによるテーブル間の紐づけやデータそのもの等をまとめたオブジェクトがMS SQL Server ではデータキューブと呼ばれるものになり、これを活用することで検索が早くなります。
また、データキューブは分析する視点毎に階層化できますので、ドリルダウン及びドリルアップといった分析手法にも簡単に対応できます。
 
ただし、結合等の複雑な処理には向いていません。
ちなみに分析の対象となる列のことをメジャー、分析の軸となる列のことをディメンションと呼びます。
販売個数や売上額等がメジャー、日付や商品等の分析の軸となるものがディメンションです。上記の図1ですと、中心の大きな箱がメジャーとなり、回りの小さな箱がディメンションです。
 
しかし、データキューブは単純な集計は得意なのですが、テーブルの結合等は苦手とします。
データーキューブの作成時に簡単な処理結果を格納できる計算列の追加はできますが、テーブルの結合はできません。
テーブルを結合させたり、新たな列を追加したり、テキストファイルからデーターを取り込んだりしたい場合にはデータキューブ作成前にソースデーターを加工する必要があります。
ソースデーターの加工にはSSIS(SQL Server Integration Services)を利用します。SSISで様々なデーターソースから取り込んだデーターを変換して格納できるようになります。
データキューブを活用することで集計値を多次元で分析できるBIシステムを短時間で構築することができます。
 
みなさんの会社でも、大量に存在するデーターを無駄にせず、自社の成長に活用できるようにBIシステムを構築してみてはいかがでしょうか?
 
 
i.e.seaではITインフラ構築の他、BIシステム構築に関するご相談も承っております。
また、ITインフラのコスト削減、仮想化及びクラウドへの移行等に興味はありませんか?
お見積りは無料ですので、お気軽にご相談ください。

formats

SQL Server 2012 BI

Published on 2012年5月15日, by in 開発全般.

こんにちは、火曜日担当の倉垣です。
先週、スマートフォンEXPOが開催され、盛況のうちに閉幕しました。
弊社も出展させていただいたのですが、たくさんの方に来ていただき大変ありがたかったです。
 
SQL Server 2012 BI
 
3回ほど前のBlogでSQL Server 2012の話を掲載させていただきました。
ところで、SQL Serverは単にRDBMSとしての機能以外に、BI機能が標準で実装されています。
SQL Serverを購入するとBI機能がGUIによる豊富な管理機能と共にすぐに活用できるのです。
そこで、今回は SQL Server 2012のBIの一部をご紹介したいと思います。
 
データキューブ作成の概要
 
BI構築で一番重要な部分はやはり設計です。
どんな情報を見たいのか?そしてそのためにどのようなデーターが必要となるのか?この部分をしっかりと考えていないと、多くの工数をかけて誰にも必要とされないシステムを構築してしまいます。
とはいえ、設計の前にシステム的にはどのような流れで構築するのか興味があると思います。
そこで今回は、SQL Server 2012 のBI機能の中でも特にデーターキューブの作成についてご紹介します。
大雑把にBIの構築は、下記のような流れで進みます。
 

1. データソースの作成 – 分析対象となるデーターの取得元を設定します。
2. データソースビューの作成 – データーの取得元から分析に必要とするデーターを選択します。
3. キューブの作成 – 多次元分析のためのデーターの塊を設定します。
4. ディメンションの作成 – 分析の視点を設定します。
5. データベースの処理 – 設定した内容からデーターキューブやディメンションといったオブジェクトを作成します。

 
上記の作業で構築したデータキューブは”Analysis Service”と呼ばれるサービス上で提供されます。
ちなみに”Analysis Service”を構築するための作業は全てVisual Studio上で行います。
 
1. データソースの作成
分析対象となるデーターをどこから持ってくるのかを設定します。
分析対象となるデーターはSQL Server上のデータベースはもちろん、Oracle等の他社製品からも持ってこれますし、ファイルからも取り込めます。
定期的にデーターを取り込みたい場合や取り込む前にデーターを加工したい場合には、”Integration Service”を使います。SQL Server 2012からは、”Integration Service”もVisual Studio上で作業を行います。
 
2. データソースビューの作成
データーの取得元から分析に必要とするデーターを選択します。
 
3. キューブの作成
多次元分析のためのデーターの塊を設定します。
分析の視点を切り替えて、様々な確度からデーターを分析するために使用します。
キューブを作成することでデーター分析の視点を切り替えることが簡単にできるようになります。
また、あらかじめこのデーターキューブを作成しておくことによって、分析時の検索パフォーマンスが向上します。
 
4. ディメンションの作成
分析の視点を設定します。
データーキューブそれ自体はデーターの塊なので、それだけでは何もわかりません。
日付別、商品別及び店舗別等のデーターを分析するための視点をここで設定します。
ここで設定した視点でデーターキューブを分析することになります。
 
5. データベースの処理
設定した内容からデーターキューブやディメンションといったオブジェクトを作成します。
単に、設定しただけではデーターキューブやディメンションといったオブジェクトは作成されません。
データベースの処理を行って、はじめて分析を実行できるようになります。
 
 
今回はここまでです。
とりあえずこれでVisual Studio上でデータキューブの中身を確認できるようになります。
データキューブを活用すれば、簡単に様々な角度から情報を分析できるようになります。
Excel等のクライアントアプリケーションによるデータキューブへのアクセス方法については次回以降にご紹介したいと思います。
 
 
i.e.seaではITインフラ構築の他、BIシステム構築に関するご相談も承っております。
また、ITインフラのコスト削減、仮想化及びクラウドへの移行等に興味はありませんか?
お見積りは無料ですので、お気軽にご相談ください。

formats

リーンスタートアップ

Published on 2012年5月8日, by in 開発全般.

ゴールデンウィークが終わってしまいました。
皆さんは楽しい休日を過ごされたでしょうか?
 
MVPの活用
 
新しい商品やサービスの開発で困った経験があったり、今現在困っている方はいらっしゃるでしょうか?
私は困っています。
そこで今回は“リーン・スタートアップ”の紹介です。
 
リーンスタートアップは、エリック・リース氏が提案する新製品・サービスのための開発手法のことです。
この手法には様々なアイデアが詰まっているのですが、私が特に気に入ったのはMVPの活用です。
MVPとは「必要最小限の機能しか実装していない製品」のことで、これを利用者に提供し、何度も試してもらうのだそうです。
試してもらう度に少しづつ機能を増やし、その結果を分析し製品に反映するのです。
(分析方法等については書籍に詳しく書かれていますのでそちらを参照してください。)
上記のサイクルをなるべく短い頻度で実行することで、製品がお客さんにとって真に価値あるものに育っていきます。
 
アプローチ手法
 
しかし、1つ疑問が浮かびませんか?
MVPとは未完成な製品です。これを公開することで会社の評判が悪くなるのではないか?
私もそう感じました。
何故なら、「お客さんに見せる前に、必要な機能はできる限り開発しておくべき」と考えていたからです。
しかし、特に問題はないそうです。
 
では何故、このような手法で問題ないのでしょうか?
それは、開発初期の未完成な製品を利用してくれるのは、アーリーアダプターと呼ばれる好奇心旺盛で失敗に寛容な人たちだからです。
むしろアーリーアダプターは完成済みの製品には興味を示してくれません。
アーリーアダプターは、荒削りで改良の余地がたくさんあるけれども、そのコンセプトが面白いものに興味を示してくれるようです。彼らは、開発元と一緒になって製品を育てることが楽しいのではないでしょうか?
 
では、いつまでもこのアプローチ手法で問題ないのでしょうか?
やはりそれは問題があるようで、どこかのタイミングで完成度の高い製品にする必要があるそうです。
そのタイミングというのは、アーリーアダプターを開拓しつくし、一般の人々(マジョリティ)に売り出そうとする時期です。
いつまでも同じアプローチ手法ではなく、時期によって変えるというのは面白いですね。
 
私たちi.e.seaも、インフラ構築にリーンスタートアップの手法を活用をうまく活用できないか考えていきたいと思います。
 
 
i.e.seaではITインフラ構築に関するご相談を承っております。
ITインフラのコスト削減、仮想化及びクラウドへの移行等に興味はありませんか?
お見積りは無料ですので、お気軽にご相談ください。

formats

ITインフラのコスト削減

Published on 2012年5月1日, by in 開発全般.

こんにちは
火曜日担当の倉垣です
みなさんは楽しいGWを過ごされているでしょうか?
私は特に何もありません。
さて、今回はコスト削減に関するお話しです。
 
コスト削減を阻む壁
 
私はITインフラのコスト削減策をお客様に提案する機会があるのですが、その際によく耳にする言葉があります。
それはやはりコストです。
どのお客様もコスト意識が高いですね。
こういったコスト意識の高いお客様は、ITインフラのコスト削減策を提案してもなかなか乗り気になってくれません。
何故なら、施策を実行してもどのくらいの効果があるかわからず、その上コスト削減策自体にもそれなりのコストが発生することが容易に想像できるからです。
 
また、ITインフラは直接売上を上げるものではなく、基本的にお金が出ていくだけのものです。
「多少不便だが、壊れていないのだから今のままでもいい。効果がよくわからないものにコストはかけられない。」
このような考えではないでしょうか?
 
しかし、古いITインフラはじわじわと見えないところから企業を機能面やコスト面といった部分から浸食していきます。
ITインフラの老朽化は、シロアリに家の土台を喰われているようなものです。
普段はシロアリの被害に気付かないですが確実に家は浸食されています。
定期的にメンテナンスしないと、ある日突然倒壊してしまうのです。
 
社内ITインフラエンジニアの悩み
 
一方、自社のITインフラ更改を進めたいと考えている社内ITインフラエンジニアも同様の問題を抱えています。
「自社の老朽化したITインフラの更改を行いたい。しかし経営層が乗り気ではない」。
こんな状況を打破するにはどうすればいいのでしょうか?
 
私は、コスト面でのインパクトの説明が一番有効であると考えています。
その施策の1つがコスト削減額の売上高換算です。
コスト削減額がどれだけの売上高に相当するのか示すのです。
これを計算すると、考えていた以上にITインフラのコスト削減額の影響が大きいことに気付かされます。
例えば会社の売上高経常利益率が5%の場合、年間100万円のコスト削減額は2000万円の売上に相当します。
また、売上は必ずしも計画どおりに上がるものではありませんが、ITインフラのコスト削減は事前にしっかりと計画することでほぼ確実に実行できます。
 
さらに、ITインフラの更改はコスト削減額以上に様々な利便性をもたらします。
セキュリティ向上、システム安定性の向上及び新機能の活用等です。
 
また、現在の経営はITなしでは成り立ちません。強いITインフラがあればこそ、機動的な経営に取り組めるのです。
 
是非皆さんも自社のITインフラを見直し、削減したリソースで売上を向上させる施策に取り組んでください。
 
 
i.e.seaではITインフラ構築に関するご相談を承っております。
ITインフラのコスト削減、仮想化及びクラウドへの移行等に興味はありませんか?
お見積りは無料ですので、お気軽にご相談ください。

Tags: ,
formats

SQL Server 2012

Published on 2012年4月24日, by in 開発全般.

はじめまして
火曜日担当となりました”倉垣”です。
これからしばらくの間、よろしくお願いします。
 
SQL Server 2012
 
4/1よりMicrosoftのSQL Server 2012が提供開始となりました。
新製品ということで当然いくつもの有用な機能が搭載されました。
以下にその代表的なものを挙げます。
 
・SQL Server AlwayOn
・カラムストアインデックス
・Power View
・PowerPivot
・Data Quality Services
・File Table
・SQL Server Data Tools
 
様々な新機能が追加されましたが、その中でも私が特に注目している技術は”カラムストアインデックス”です。
これは新しいタイプのインデックスで、このインデックスの利用で場合によっては100倍ものパフォーマンス向上効果があるそうです。
 
しかし、このインデックスは、何にでも使えるかというとそういうわけでもありません。
大量のデータを集計する際には効果がありますが、それ以外ではそれほど効果がない場合や、むしろパフォーマンスを低下させてしまう場面もあります。
 
カラムストアインデックスの動作
 
カラスストアインデックス以外のクラスタ化インデックスや非クラスタ化インデックスを利用した場合は、データーベースを参照する際に、参照したい列以外に行全体を読み込む必要があります。
 
一方、カラムストアインデックスは列単位に作成されます。
そのため、データーベースを参照する場合はインデックスとそれに対応した列だけが読み込まれることになります。
”インデックスが作成されている列”だけしかロードされないため、データーをメモリ上に展開するまでの時間を短縮できるわけです。
 
カラムストアインデックスでは列単位にまとめてページに格納することで、よけいなIOの発生を抑制しています。
上記の理由から、カラムストアインデックスは大量の集計処理等の場合は抜群のパフォーマンスを発揮するわけです。
しかしながら、列単位にインデックスを作成しているため、複数列を参照する処理は得意ではありません。
 
また、列単位にまとめてページに格納しているため連続したデーターの処理は得意ですが、ランダムに配置されたデーターの処理は苦手です。
 
ですから、カラムストアインデックスのために従来のインデックスが不必要となるわけではありません。
用途によって使い分けることになります。
ERP等のOLTP系システムではクラスタ化インデックスや非クラスタ化インデックス、BI等のOLAP系システムではカラムストアインデックスといった具合です。
 
どの技術でもそうですが、メリット・デメリットを把握し、適材適所で活用する必要がありますね。
 
 
i.e.seaではITインフラ構築に関するご相談を承っております。
ITインフラのコスト削減、仮想化及びクラウドへの移行等に興味はありませんか?
お見積りは無料ですので、お気軽にご相談ください。

formats

ARの新技術「SmartAR」

こんにちは!
金曜日担当のあゆみです!
実は、明日から社員旅行に行ってきます♪
昨年の旅行では、初ビールを体験しました。(お酒弱いのです・・・)
まだまだビールは苦手ですが、つぶれない程度に飲みたいですね!
まずはしっかりと仕事を終わらせて、旅行を楽しみたいと思います!
本日は、19日(木)にソニーから発表された、
ARの新技術「SmartAR」についてご紹介したいと思います。
ARとは拡張現実とも呼ばれていて、
コンピューターに接続されたカメラで専用のマーカー(2次元のバーコード)を
読み込むことによって、読み取ったマーカーの情報をコンピューターが解析し
3D画像を表示させるシステムのことです。

(提供:工学ナビ)
スマートフォンでのARサービスが話題を呼んでいますよね。
現在何かと注目されている3Dを、目の前で楽しむことができるARですが、
ソニーが驚きの新技術を発表しました!
ARの新技術「SmartAR」の特徴をあげてみたいと思います。
【マーカーレス】
従来のARは、上画像のようにマーカーを読み込むことによって画像を表示していましたが
新技術「SmartAR」は、マーカーが必要ないのです!
映像内のポスターや写真などを認識させることで、3Dを表示しています。
これによって、自由度が上がりエンターテイメント分野にも応用していくみたいです。
【3D空間認識技術】
これは本当に驚きました。
現実空間を3D認識することで、仮想空間の物体と融合させてしまうのです。
例えば、3Dで表示したボールを実際の人間が蹴る(フリをする)と
ぽーんと飛んで行ってしまうといった感じです。
仮想の物体が、現実に存在するかのように見えてしまうんですね。
【高速ぴったりAR】
従来のARはマーカーを読み込んでから表示するのに、若干のタイムラグがあり
マーカーを素早く動かしたりしてしまうと、上手く表示されませんでした。
SmartARでは高速追従を実装し、素早い動きにも対応。
自然に3D表示ができるようになりました。
ガイドムービー↓

ソニーでは、5月20日(金)~22日(日)まで
SmartARを体験できるイベントを一般向けに行うそうです!
すっごく行きたいですが、思いっきり社員旅行とかぶりました。。。
この機会に是非、ソニー本社ビルへ行かれてみてはいかがでしょうか♪
それでは、今日はこのへんで☆
旅行楽しんできます!
また来週.:*:

Tags: ,
formats

今更聞けないス・マ・フォについて

水曜日担当のふるかわです。
最近は鮭ハラスのおにぎりにハマってます。
ファミリーマートに売ってるのでみなさん是非食べてみてください。
さて、本日はスマートフォンについてお話したいと思います。
最近スマートフォン関連のニュースが本当に多いですよね。
iPhoneやAndroidやなどの言葉をよく耳にすると思います。
このブログでも何回かスマートフォンについて触れましたが、
改めてスマートフォンとは何かと説明致します。
まず、スマートフォンを一言で表すと、
携帯電話にパソコンやPDA(携帯情報端末)の機能が備わったもの」です。
コンピュータを内蔵し、音声通話以外に様々なデータ処理機能を持った携帯電話で、
電子メール機能やWebブラウザを内蔵し、インターネットに接続することができる携帯電話などがこれにあたります。
しかし、この定義は広義なスマートフォンの定義と言えます。
この定義ですと、iモードなどを利用した日本の携帯電話の大半はスマートフォンとなります。
こちらは、後述の定義と区別するために「ブラウザフォン」と呼ばれることもあります。
狭義の定義としては、
アプリケーションを追加して、機能強化やカスタマイズができ、
ハードウェアに依存するネイティブアプリケーションも利用できる携帯電話
」というものです。
近頃よく聞く「スマートフォン」は、こちらの意味で使われていることが多いです。
簡単にいえば、
スマートフォンとは電話機能付の超小型パソコンです。
手のひらサイズのパソコンに電話機能やカメラ機能がついたものと考えてもらえればいいと思います。
スマートフォンとは何か、
イメージだけでもつけて頂けたでしょうか?
スマートフォンと言っても様々な種類があります。
有名なのはiPhoneやAndroid端末ですね。
以前はiPhoneのシェア率が高かったのですが、
現在はAndorid端末のシェア率の方が高く、
国内スマートフォンのOS別出荷台数シェアでは過半数以上を占めています。
スマートフォンの購入を考えている方は、
iPhoneとAndroid端末を比較したサイトなどもありますので、
どのスマートフォンが自分に合っているか色々調べてみて、
自分に合ったスマートフォンを購入してはいかがでしょうか。
それではまた来週。
ふるかわでした。

formats

寝違えた……

火曜日担当のたまごです。
週末、首を寝違えて(借金があるわけでもないのに)首が回らなくなり、上も横も向けなくなってしまいました。
月曜日になっても痛みが引かないので、整形外科に行ってきました。
幸い骨や神経には異常がなく、痛み止めの薬とポリネック(首を固定するコルセット、画像検索結果)をもらってきました。
ポリネックをつけて出社したら、みなさん「車で事故にでもあったのですか?」と心配してくださったのですが、単なる寝違えです。なんだか申し訳ない。(汗)
さて、最近の病院はIT化が進んでいて、患者にとっても便利になっています。今回行ったのとは別の病院ですが、インターネットから待ち時間の目安が見られて、さらに順番待ちの予約まで取れるシステムを入れているところもあります。病院の待ち時間は長くなることが多いのですが、予約を取ってから病院に行くことができたら、ずいぶん助かります。
最近は医薬分業が進んでいますので、病院で出された処方箋を持って薬局で薬を出してもらうことが多いのですが、薬の説明が非常に親切になってきています。自分が子供のころ(30年くらい前です)は、「毎食後に飲んでくださいね」といったように飲み方の説明を口頭で受けるくらいでしたが、現在は処方した薬が何という名前でどのような効果を持っているかなど、詳細な情報を印刷して一緒に渡してくれます。
システム化が進み、薬の情報がデータベースで効率的に管理され、必要な情報が瞬時に出せるようになってきたおかげですね。
病院に限らず、私たちの生活はシステムによってもっと便利にできます。アイ・エンターは、そのお手伝いをしていきたいと考えています。
基幹システムのほか、ECサイトやモバイル・スマートフォンなどで多くの実績をもつ弊社に、ぜひお任せください。

formats

Rubyコミュニティ

こんにちは。中山です。
本日はRubyコミュニティについてです。
RubyにはJAVAの「java-ja」のようなコミュニティがたくさんあります。
例えば、
・mitaka.rb
・shibuya.rb
・asakusa.rb
などなどです。
私もshibuya.rbには一度参加させていただきました。
特に大きなものではなく少数でわいわい話し合う形でした。
他のrbも特色があるらしく、参加するものによって内容が色々変わるそうです。
弊社のmaneki-necoもRubyによって作られていますので、
ここで得た知識も活かすことができました。
また「rb」いがいにもRuby会議というイベントが行われます。
日本Ruby会議を筆頭に地域毎にRuby会議が行われています。(「東京Ruby会議」など。)
日本Ruby会議も今夏に開催されます。
http://rubykaigi.org/2011/ja
是非Rubyに興味がある方は地元のコミュニティを探して参加してはいかがでしょうか。
以上です。また来週。

formats

グーグル発ノートパソコン「Chromebook」

こんにちは!
久しぶりの更新です。あゆみです。
GW明け一週目が終わろうとしています。
10連休も頂いてだいぶリフレッシュできたので、
良いスタートダッシュが切れました!
5月病なんかに負けません☆
本日は、アイ・エンターとは関係がないかもしれませんが。。。
かねてから噂があったグーグルによるノートパソコン
Chromebook」が発表されたのでそのお話をしたいと思います。
Chromebook
写真左が韓国サムスン製、写真右が台湾エイサー製のChromebookです。
2010年度の国内パソコン出荷台数が、前年度比4.7%増の1456万5000台で、
10年ぶりに過去最高を記録しました。
そんな中でのグーグルノートパソコンの発表は、とても興味深いです!
まず、Chromebookは他のパソコンと比べ何がすごいのか。
特徴をご紹介させて頂きます。
・8秒程で起動し、すぐにメールを送受信やネット接続ができる
・1回の充電で1日稼働できる
・ソフトウェアの更新を自動化しており、時間の経過とともに高速化する
・無線LANだけでなく3G接続も内蔵している
・セキュリティ機能をビルトインしているため、アンチウイルスソフトの購入や更新が不要
…etc
以下ガイドムービーです。

Chromebookのコアはウェブブラウザらしいです。
つまり、IEやfirefoxなどの同じ様なブラウザをコアにしているということですね。
ChromebookではもちろんChromeですが、
全世界で1億6000万人以上のユーザーが利用しているので、信頼性があります。
このChromebookによって、あらゆる場所で専門知識を必要とせずに
気軽にネットを利用できるようにしよう
というのが、Googleの計画のようです。
日本での発売はまだ先になりそうですが、今後の動向が気になりますね!
ところでこのChromebook、特に力を入れているのが、ビジネス向けと学校教育向けらしいです。
どちらとも、高価でメンテナンスが必要になってくる従来のパソコンで悩まされてきた業界ですので、
上記であげたようなChromebookの利点が活かされてくるのだと思います。
Youtubeなどで関連動画がたくさん上がっているので
ご興味がある方はご覧になってみてはいかがでしょうか♪
それでは、今日はこのへんで☆
また来週.:*: