ニュース

【SLUSH TOKYO 2019】に出展致しました

アイエンターは、2019年2月22日(金)~2019年2月23日(土)の2日間にわたり、 東京ビッグサイトにて開催された世界最大級のスタートアップの祭典「スラッシュ(SLUSH)」の東京版【SLUSH TOKYO 2019】に 「魚体サイズ推定システム」、「海洋センサー」、「VRカーリング」、「カーリングストーントレーシングツール」のコンテンツを出展致しました。




1.魚体サイズ推定システム


物体検出技術とステレオカメラによって、魚に触れること無くサイズを推定するシステムです。 この技術により養殖生簀内の魚の成長具合を、魚に負担をかけることなく確認することができます。 こちらの技術は、現在特許申請中です。



2.海洋センサー


昨年に引き続き、ソーラパネル搭載の自立発電型「海洋センサー」を展示致しました。
また、今年はUSBコンセントで起動し、直ぐに測定できる小型の「水質センサー」も展示致しました。
水質センサーは、水質(水温/塩分濃度/酸素含有量)を3G回線でクラウドに送信し、水質の変化をリアルタイムで確認することができます。 この技術は、活魚水槽の水質チェックや鮮魚運搬時に活用できます。



3.VRカーリング


「VRカーリング」は専用のゴーグルを装着し、カーリングの擬似体験ができるVRアプリです。
前回のVRカーリングに改良を加え、使用するVRデバイスを小型化し、操作もシンプルに設計し直しました。小さなお子様でも、手軽に簡単に操作して頂くことができます。
体験して頂いた皆様から「すごい!」、「とてもリアルで面白い!」という感想を頂くことができました。



4.カーリングストーントレーシングツール


カーリング選手向けのサポートツールとして、カーリングストーンの位置を可視化する「カーリングストーントレーシングツール」を開発致しました。
カーリングでは、ストーンが何度も通過している部分は滑りが悪くなったり、うまく曲がることができません。その為、選手は何度も通過している場所を把握し、その部分を避けたコースを選択する必要があります。

こちらのシステムは、AIで自動的にストーンの位置を認識し、どのように滑ったのかを可視化します。試合中の戦略や選手の練習用に活用して頂くことを目的に開発致しました。



まとめ


当日は、弊社ブースにたくさんのお客様がお見えになり、どれも大変賑わっておりました。
お立ちより頂いた皆様、誠にありがとうございました。
引き続き、アイエンターを宜しくお願い致します。




【本件に関するお問い合わせ先】
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-14-10 長沼ビル5F
TEL:03-5778-4440 FAX:03-5778-4441