プロジェクトマネージャー インタビュー

Interview

直井 俊樹

魅力的な仲間に
囲まれて成長を楽しむ
ことができる組織

2013年 新卒入社

直井 俊樹TOSHIKI NAOI

開発本部 エンタープライズソリューションGr

入社を決めた理由

入社を決めた理由

就職情報サイトに「大学では卓球部に所属しています。根性では誰にも負けません。」と記載したところ、 複数のIT企業から逆オファーをいただいたので、自分はIT業界向いてるのかもしれないと思い、IT業界に絞って就職活動を始めました。

アイエンターは「楽しむ」という理念を本当に大事にしている点が自分の考えとマッチし、座談会で会う先輩社員全員がとても魅力的で、キラキラして見えたので入社したいと選考に進みました。

最終的にアイエンターを選んだ理由としては、「人」ですね。
もちろん他社の選考にも進みましたが、アイエンター社員の人の良さや明るさといった「人」としての魅力が圧倒的だったと思っています。

アイエンターでの仕事の面白さ

アイエンターは若手を育てていくという文化が強くあります。私はプロジェクトマネージャーとして若手や新卒と日々接しているのですが、彼らが成長していく姿を見ているのがとても楽しいですね。

プログラムを書けるようになった、人に気を遣えるようになった、お客様への対応が上手になった、など些細なことでも成長している点は誰にでもあります。

お客様対応ももちろん私の仕事ではありますが、ITとプロジェクトを通して、「人」を育てていくということは重要な仕事だと思いますし、とても楽しいと感じています。

入社して成長したと感じるところ

入社して成長したと感じるところ

1番は「人前で堂々と話せるようになったこと」ですね。

以前は全く人前で話せなかったですし、就活の面接前にガチガチに文章作っていくタイプでしたので、私にとってはこの成長は非常に大きいです。

苦手を克服したいという気持ちはあったのでアイエンターで様々なことにチャレンジしようと思いました。
とにかく人前で話すところに身を投じることを決意し、どんな会議でも一番に発言したり、さまざまな委員会でリーダー的なポジションに就いて、話さざるを得ない状況を作るなどを入社当初から繰り返し行いました。

また、プロジェクトメンバーやお客様に伝えることが大事なポジションですので、結果的に話す機会がとても増えて、人前での話し方が劇的に改善されたと思っています。

将来の目標

人生の目標は「世界に笑顔を増やす」ことです。

それをとにかくこの会社で実現していきたいと思っています。まずは、今携わっているプロジェクトのメンバー、部署、そしてお客様を笑顔にできるようなプロジェクトリーダーになっていきます。ここは一生継続したいと思います。

今後はその規模を広げていき、さまざまなシチュエーションも増えてくると思いますが、笑顔を増やすことを継続していきたいです。

「楽しむ」とはどのようなことか

「楽しむ」=「自分で決める」ことだと思っています。

今やっている仕事や置かれている状況、目の前で起きていることなどを否定的に捉えることもできるし、自分にとっての意義を見いだせれば、気付けることはたくさんあるはずです。

まずは「何でも楽しもうと自分で決めて世間を眺める」ことが出発点かと思っています。

それがベースにあるからこそ、何に対しても積極的になれますし、終わった時にこういう意味があったと感じることもできます。そう考えることが結果的に「楽しい」に繋がると思っています。

求職者の方へのメッセージ

求職者の方へのメッセージ

成長したいという思いが強ければ強いほど、その思いを実現できる会社だと思っています。自分でやりたいと思うことに対して手を挙げれば、応援してくれる人たちがたくさんいます。

失敗しても咎められるようなことはないので、挑戦したいという野心がある人にとっては最適な会社です。

あとはそもそも魅力的な人や人間力が高い人が多いので、いるだけで楽しいです。そういう人たちに囲まれると自分の人間力も磨かれていくのではないかと思います。

TOP